FC2ブログ


Photo: 「無敵の心身」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
何故、貴方は存在するのですか?
フランスに在住のある画家が言っていました。フランスでは労働組合の力がとても強いのだと。
いつでもどこかでストライキをやっているのを見かけるそうです。
特に交通機関のストライキは激しく、電車の中でアフリカ人が車掌を殴ったとか、女車掌が強姦されたという理由でフランス全土の鉄道が予告もなしにストライキを決行した事もあったという事です。

他には、とある住宅地でアフリカ人の子供がいつも騒ぐので管理人が注意をすると、人種差別をしているから訴えると言ってきたり脅迫をされたりする事もあるそうです。

それだけでなく、ユダヤ人の原理主義者たちも住んでおり、彼らはユダヤ人の祭日には何もしてはいけない、電気などには触れてはいけないという事で、扉のボタンも誰かに押してもらうのを待っていたりするのだそうです。

フランスはキリスト教の次にイスラム教の信者が多いという事も私は知りませんでした。
イスラム教では女性はスカーフを被らなくてはならないというのは有名ですが、画家の話によるとある学校では女生徒たちがイスラム・スカーフを被っていき、体操・水泳を一切しないという事が問題になったこともあったそうです。
イスラム女性は病院も夫に付き添われてゆき、診察も女医でなければならないそうです。

数年前には少女が焼き殺されたこともあったということですが、それもスカーフを身に付けていなかったという理由だったらしいのです。
イスラム・スカーフをつけていないという事は売春婦と同じであるという考えらしいのですね。

これらを知った私は、宗教とは一体何の為に存在するのだろうかと深く考え込んでしまいました。
確かに私は無神論者ではありますが、宗教を信じる事はその人の自由であると思い、それについては尊重したいと思います。
ですが、様々な宗教関係から起きる悲惨な出来事、残酷な行為を知るにつけ、私はどうしても宗教に対して嫌悪感を抱かずにはいられなくなります。

宗教とは人間を幸せにするものではないのですか?
では一体宗教は何故存在するのですか?
宗教を何も知らない私にとっては、宗教を語る資格はないのでしょうが、それでも問いたい。
神よ、本当に貴方が存在するというのなら、教えて欲しいものです。

貴方は何の為にそこに存在しているのですか、と。
スポンサーサイト
大切だよ
愚痴を言う事は大切だ。
それで一歩を進める場合だってある。
ただ気をつけたいのは、愚痴る相手を間違えない事。
それさえ肝に銘じておけば、愚痴を言う事は人間にとって大事な事だと思うよ。

相手を間違えるんじゃない。
それだけは忘れるな。
別人格にも責任がある
「別人格の犯行に刑事責任を負う」という見出しの記事を見ました。(参考:「YOMIURI ON-LINE 母殺害 長女に懲役12年 名古屋地裁 遺棄共犯は猶予判決」

名古屋市で起きたこの事件は娘が母親を殺したという事ですが、その共犯の女性は犯行時に別人格であったそうです。
彼女は解離性同一性障害、所謂多重人格と言われる病気であり、それを認定された上で刑事責任は負う事が出来ると指摘されました。

それは当然の事でしょうね。別人格であるからといって、それで殺人を犯して良いという理由にはならないし、殺人は殺人です。殺された女性の娘も、どうやら母親に虐待を受けた過去があり、それを理由に殺人に及んだという事ですが、その虐待も十年以上前の事だったそうです。それも矢張り殺人を犯して良い理由にはなりません。

ただ、私が気になったのは「虐待は十年以上前で被害者に落ち度はない」とした事ですね。
単純に考えれば、虐待をした母親に全く落ち度がないとは言えないと私は思うのです。たとえそれが随分昔の事であったとしても、子供にとっては一生心に残る傷ですから。
ですから、自業自得と言えなくもない。
しかし、虐待があったというのも、それについては真実なのかどうかは私には分かりません。そして、もしそれが本当の事だとしてもどの程度の虐待であったかでまた話は違ってくると思うのです。

虐待はとてもデリケートな事柄です。
死に至る恐れがある虐待は言語道断ですが、躾の上での体罰等までも虐待と一緒にされてしまうのも親にとっては酷な事ですからね。
ただ、巷で耳に入る虐待関連の話を聞いた私の印象では、子供は真正の虐待を受けた場合、それを虐待とは感じないものだと思いました。
ですから、虐待を理由に子供が親を殺すと言うことは、どうも違うかなと今回の事件では感じました。

真相は分かりません。
虐待が本当にあったのか。
母親はどういう人であったのか。
娘はどういう子供だったのか。
多重人格の女性はどういった人物だったのか。
ただ、嫌な事件だなという後味の悪さだけが私の心に残りました。

子が親を殺す。
親が子を殺す。
孫が祖父母を殺す。
祖父母が孫を殺す。

今だけではないのでしょう。昔もそういうことはあったのでしょう。
ですが、簡単に人は人を殺してしまう事に私は恐怖を感じます。

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。