Photo: 「無敵の心身」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
血の涙を流し続けてでもその慟哭を見詰め続けろ
その悲鳴を聞いている君の悲痛を見詰めていた。
君の耳に届いたその声にならない悲鳴は確かに助けを求めていたのかい?

聞こえない振りをした君。
耳を塞いで目を背けた君。
逃げだしたという君。

そうだね。
時として誰かの鋭い悲鳴は受け止めきれるものではない。
それを言い訳だと言われても見捨てたのだと言われてもそうするしか君にも術はなかった。
分ってくれる人はいる。
たとえ悲鳴を上げ手を伸ばした人が君を分ってくれなくても。

言い訳をせず謝罪もせず己の犯した罪を見据えて背中に張り付いた重い十字架を背負って生きていくがいい。

私もまた君と同じ。

「事実は事実」君の言う通りだ。
「贖罪は自己満足」君の言う通りだ。

私達は一生悔いて生き続ける。
それが供養。
それが私達に出来る罪滅ぼし。

その悲鳴を聞き続けろ。
光さえも引き裂いて全てを闇に染め上げていく慟哭はどんな慰めも救いもただの言い訳となってしまう。
どんなに「そのとき手を差し伸べてれば」と悔やんだとしてもただの言い訳に。

だから見詰めるだけだ。
血の涙を流してでもその悲鳴を死ぬ瞬間まで見詰め続ける。

こんなにも君を身近に感じたことはないよ。
大切な人よ。
私が君を此処で抱き締めている。
スポンサーサイト
忍び寄る被爆の恐怖
私はあまりTVを見ないので知らなかったのですが、TVの特集でサマワに赴任した米兵の子供さんが体内被曝をしたと報じられていたそうですね。(参照:「空のつぶやき 事実を正確に公表してほしい」

母親の胎内にいて被爆したという話は聞いた事があります。しかし、サマワで被爆してしまった父親が祖国に帰り、子供を宿した妻とのSEXでその妻の体内に被爆した精子を送り込み、そのせいで体内の子供までも被爆してしまうとは初めて聞きました。何とも恐ろしい事です。

日本人もサマワには行っているわけですよね。彼等は大丈夫なのでしょうか。
「劣化ウラン弾という核兵器」という記事を読ませて頂いたのですが、被爆と白血病は何時もペアで語られるような気がします。

それにしても、COOさんが書かれていた「体内被害」というキーワードで検索をかけてみたのですが、とても此処ではご紹介の出来ない写真が掲載されたサイトに辿り付いてしまいました。
ネットの世界はダイレクトに衝撃的な物を見てしまいますね。見なければ分からぬものもあるとは言え、あれを幼い子供が見ると思うと少々辛いなと思いました。
全ては君の為に
全ては君を護らんが為。
楽しんでいるわけではない。

考える為。
何かを必死に考える為。
内から滾る想いを見つめんが為。

演出とは別人になる為のものではない。
演出したとしても、それはその人物の内に確かに存在するもの。
それをデフォルメしたに過ぎない。
いや、際立たせたと言うべきか。

楽しむ者もいるだろう。
だが私は楽しんでいるわけではない。
言い訳と言われるだろうがね。

大切な友よ。
おめでとう。
一つ終わればまた次が待っている。
ぼやぼやしている暇はないのだよ。
私たちにはね。

君を護る為なら私は幾らでも捨石になる。
全ては君の為に。
自己犠牲とは他人も己も救うもの
彼と出逢ったのは崩壊したあのコミュニティだった。
書かれている文章でその人を判断してはいけないという事を教えてくれた人でもある。
彼の書く文章はとても優しく、その優しさに惹かれたわけなのだが。
私は彼に出逢う前に、人間関係でボロボロになっていたので、温かい布団に潜り込ませて貰っている気分になったものだった。

彼は常に「騙しているかもしれませんよ」と言っていたが、騙すとか騙さないとか、そういう事は他人が見て決める事であると私は思っていた。今でもその気持ちに変わりはない。
相手を傷付けたくなくてついた嘘が、結果「騙していたのだな」と返ってくる事はあるだろう。そんな事は星の数ほども例がある。私は嫌というほどそんな場面は見てきた。そして、それは私だけに限らず、ほとんどの人間が経験してきた事だと思う。

時には「騙さない事」が酷い傷を相手に与える事だってあるのだから、私は嘘というものを全て否定はしたくないのだ。
彼が今まで「騙してきた」と言っていた事は、恐らく相手の為を思い、時には保身の為に行われた事だろう。だが、私は相手を傷付けない事と同時に、己自身をも大切にしようとするその保身も大事にしなくてはならないと思っている。

自己犠牲を全て否定するわけではない。
だが、自己犠牲全てを賛美する気になれない。
自己犠牲を出来るのも自己あっての物だと思うからだ。
自己犠牲にはそれを行うだけの資質のある者だけがしてこそ有意義であると私は信じる。

他者を救って尚己も救えねば自己犠牲とは言えないと私は思う。

友人よ、私はあの時もそして今もあなたになら騙されてもいいと思っているよ。
だが、騙すならば最後まで騙し通して欲しい。
だから、頼む、他人を傷付けるくらいなら自分を傷付けるなどという悲しい事は言わないでくれ。
私は他人も自分も傷付けないようにしたいと思い、それに心砕いているよ。
自分に受ける傷は、心持ち次第で傷にならないのではないかと思うようになった。
あなたならそれが出来るのではないかな。
私もついているよ。一緒に進んでいこう。
私は何時でもあなたの傍に居る。あなたが望めば何時でも。

そして、あなたが最後に残したエントリとコメントは保存させて頂いた。昔交わした言葉達と共に大切な宝物として残しておく。此れからも宜しく。
誰かの痛みを感じる為に
「だから自分自身の“何か”を変質させる、或いは半強制的にさせられる時、それが本当に将来に渡って自分の為になるのか、という吟味をする事が非常に重要になる。」

彼は「自分の為になるのかを吟味するのが重要」と言っているが、私は重要だとは思わない。
私にとっては全てが「なるようになる」であり、どのような選択をしたとしても「なるようにしかならない」と思っているからだ。
良い方向に変質しようが、悪い方向に変質しようが、世界はそんな事は頓着してくれない。
好きなようにしていればいい。
それで痛い目に遭うのも自分、そしてそれに関わった誰かであれぱ、それは痛い目に遭う運命だったと私は思うよ。

何も考えずに選択していた昔の私は不幸だったかもしれないが、今思うととても幸福だったのだ。たとえ、それで心壊してきたとしても、それはそれだけ痛みを感じる心が他人の誰かの痛みを感じ取れる資質に繋がるのだから。

痛みを感じる事はそれだけで幸せなのだと今の私は思うよ。


「complex fraction」の管理人さんは本日が誕生日だそうです。おめでとうございます。
実は私の大切な友人も昨日は記念日でした。日にちはズレてしまったのですが、一緒に祝ってあげたいと思います。
責任の所在
「油小路ニュー中猫屋:気持ち悪いのです。」を読んだのですが、まだ世間では騒いでいるのですか?

一番最初に怪我をした方がいると報道された時に、確かに私も「一体誰がその様な事を」と思ったのですが、後に全国で一万件以上もの金属片が見つかったと分かり、これは誰かが故意にやったのではないなと私も思うに至りました。

恐らくもっとずっと昔からガードレールには金属片があったのでしょう。ですが、このような騒ぎにならなかったという事は、今までそれで怪我をした人間がいなかったということなのでしょうか。それとも多少の怪我はした者もいたのでしょうが、今回ほど酷い怪我ではなかったという事なのでしょうか。そういう訳で話題にならなかったのかもしれませんね。

怪我をされた方は大変お気の毒ではあるのですが、責任の所在という事でいえば、怪我された方もご自分の不注意でそうなってしまったとも言えなくもないと思います。つまり、責任は怪我された方にもあるということですね。
人間、何があるか分かりません。よく足元は見て進んでいくが宜しいでしょう。自戒を込めて。
中国で敬遠される話題
網絡写手という言葉を新聞で見ました。中国のネットライター達をそう呼ぶようです。

台湾の蔡智恒のネット小説「はじめての親密な接触」に出てくるセリフが紹介されていたのですが、この小説はとても話題を呼んだそうですね。以下そのセリフの引用です。

「浴槽の水を使い切っても、あなたに対する私の愛の炎を消し止めることはできない」

このセリフだけ見ると感情移入は出来ませんね。
何故浴槽の水なのか。
湖とか海水とか、そういうものではいけないのか。
それとも身近な物だからダイレクトに響くのか。
前後の文章を見ないと分かりませんね。

他に仕事の傍ら趣味でネットに投稿をしていた楊さんという方はプロのネットライターとなったようですが、この方は「文化や生活のことしか書かない」と言い、国内政治については書かないそうです。どうやらそういう話題は敬遠されるようですよ。
そうだよ
君が彼に言った言葉に強く頷いていたよ。

大切な人の忘れ形見。
それは忘れてはならないと。
そうだね。
守ってやれるのは親だけだ。
君の言う通りだ。
自分で自分を傷付けてしまう事は確かにある。
それを守るのも親だ。

君の言葉が彼に届くといい。
私も祈っている。
名前は矢張り意味から付けるもの
ぶんだばさんの「日本語好きに100の質問」の記事のコメント欄でとても興味深い話をされていました。
100質の中で出てきたアンディ・スミスの日本語名に対して、それが本名であるという方が書き込みに来られていたのですよ。

私は打ち込みをして出てきた漢字をそのまま当てたのですが、ぶんだばさんは意味から考えて付けていらっしゃいました。以下引用です。

「知り合いだった「チョーク」さんは「白石」さんになったのだが…難しいなあ。アンディはもしかすると「アンソニー」の略で、もとは「王家の名にもなる」ものかもしれないので「浩宮」から採って「浩」で。スミスは「墨須」転じて→「黒須」ならどうでしょうか、日本人ぽいでしょ。全部で「黒須 浩」とても元アメリカ人には思えません。アメリカ人かどうか知らないけど(^_^;)」

ぶんだばさんのご主人は「スミスは鍛冶屋」「アンドリューは聖人」という事で「鍛冶屋最澄(または空海)」と付けられていましたが、これも面白いですね。
それを読まれたアンディ・スミスさんが、アンディはアンドリュウの愛称であり、アンドリュウは12使途の一人であると書かれていました。
後、スミスは鍛冶屋という補足として、このアンディさんは「スミスは鍛冶屋職から来た苗字」と言っていましたね。そして、「金を扱う鍛冶屋を「Gold Smith」鉄は「Black Smith」などと呼ばれている」という事でした。
なかなか読み応えがあり、且つ勉強になったと思います。

ところで、私の命名した「墨須 庵昵」はお気に召しますでしょうかね。当時聞いてみたかったですね。
日本語好きに100の質問
ぶんだばさんもご自分の日記で書かれていた「日本語好きに100の質問」なのですが、私も一応は日本語は好きであるのでやってみました。ただ、私は日本語が好きではあっても日本語を理解しているかはどうも自信がないのですがね。
日本語に興味あり、そして私に興味ある方だけ以下お読み下さい。


1.お名前をお願いします。

   縞瑪瑙です。

2.おいくつですか?

   ノーコメント。

3.性別、血液型、ご職業は?

   ノーコメント。

4.趣味はなんですか?

   文章を書く事。

5.文系ですか、それとも理系ですか?学生時代の国語の成績は?

   文系です。良くも無く悪くも無く。

6.日本語のどんなところが好きですか?

   感情表現が豊かに出来る所。

7.日本語を好きだと思い始めたのはいつごろですか?また、そのきっかけは?

   物心付いた頃。本を読んで。

8.自分は正しい日本語が使えていると思いますか?

   使えていないと思います。

9.文章を書くのは得意ですか?

   一応得意のようです。

10.あなたの書く字はきれいですか?

   お世辞にも綺麗とは言えませんね。
   
11.縦書きと横書き、どちらが好きですか?

   横書きが好きです。

12.ペンを持って文字を書くのと、パソコンを使って書くのとどちらが多いですか?

   パソコンです。

13.漢字を書くのは得意ですか?

   不得意です。

14.筆で文字を書くのは得意ですか?

   得意です。

15.漢字、平仮名、片仮名のうちどれが一番好きですか?

   漢字です。

16.好きな漢字はなんですか?

   漢字なら全て。

17.好きな言葉はなんですか?

   好きです。

18.今までに聞いた(読んだ)中で印象深い言葉や文章があれば教えてください。

   誰が私に言い得よう
   何処に私の生が行き着くかを?(リルケ)

19.日本語を文字で書くのと、声に出すのとどちらが好きですか?

   文字で書くのが好きです。

20・詩や文章などを声に出して読み上げることはありますか?

   時折り。

21.ローマ字綴りの表現は好きですか?

   嫌いではないです。

22.普段日本語を話す(書く)際に気をつけていることはありますか?

   丁寧に書く事ですかね。

23.自分の日本語の使い方について、影響を受けたと思うような人はいますか?

   います。ですが内緒です。(笑

24.日本語について専門的に勉強したことはありますか?

   ありません。

25.日本語に関する何らかの資格は持っていますか?

   持っておりません。

26.本はよく読みますか?

   あまり読みません。

27.本を読んでいて「この表現の仕方はすごい!」と思ったことはありますか?

   あります。

28・歌詞はカードを読んで覚えますか、それとも耳で聞いて覚えますか?

   読んで、聞いて覚えます。

29・「声に出して読みたい日本語」など、一時期ブームになった「日本語」関連の本を購入したことはありますか?買った方は、買ってよかったと思いましたか?

   購入した事はありません。

30.「国語」と「日本語」、どちらの呼び方が好きですか?

   日本語。

31.あなたが「この人の日本語は美しいな」と思うような方がいれば教えてください。(著名人・私的な知人どちらでも可)

   内緒です。

32.こんな日本語は許せない!と思うことはありますか?

   ありません。

33.略語表現はよく使いますか?

   使いません。

34.そんな言葉まで略すな!!と思う言葉はありますか?

   ありません。

35.流行語はよく使いますか?

   それほど使う事はないですね。

36.自分で新しい言葉を作ってしまったことはありますか?

   なかったと思います。

37.横文字の単語はよく使いますか?使うとき、その言葉の意味を正確に理解していますか?

   それほど使いません。
   正確には理解していないと思います。

38.日本の街中に英語表記の看板が溢れていることについてどう思いますか?

   別に何も思いません。

39.ギャル文字についてどう思いますか?解読できますか?

   いいのではないでしょうか。
   解読は出来ませんが。

40.「10番」「レコーディング」などの隠語は必要だと思いますか?何か面白い隠語を知っていたら教えてください。

   隠語も文化。
   面白い隠語、私にも教えて下さい。

41.男性が女性語を、女性が男性語を使うことをどう思いますか?

   いいのではないでしょうか。

42.自分は敬語をきちんと使えていると思いますか?

   使えていないと思います。

43.「敬語を使えない若者」に対してどう思いますか?

   使えなくてはいけないかなと。

44.「おはようございます」「お疲れ様です」「ありがとうございます」・・・など、きちんと挨拶ができますか?

   自分ではしているつもりです。

45.「死語」という言葉がありますが、言葉は死ぬ(消える)ものだと思いますか?

   死にません。

46.古語はわかりますか?

   分かりませんね。

47.古い時代から現代までに日本語は様々に変化してきましたが、どの時代の言葉遣いが好きですか?

   全ての時代。

48.未来の日本語はどのように変化していると思いますか?

   想像もつきません。

49.「許婚」「身代」など、古い言い回しは残していくものだと思いますか?

   残って欲しいです。

50.雅な表現と俗な表現、どちらが好きですか?

   どちらも好きです。

51.曖昧な言い方をしてしまったり、相手が勘違いして受け取ってしまった・・・など、日本語の誤解によって起こってしまったハプニングがあれば教えてください。

   沢山あり過ぎて挙げられません。

52.比喩表現はよく使いますか?

   使っているようです。

53.仏教徒ですか?

   いいえ。

54.日本語には仏教用語を由来とするものも多いですが、その仏教における本来の意味を答えられますか?

   答えられません。

55.言霊はあると思いますか?

   あると思います。

56.「あいうえお」と「いろはにほへと」、どちらがなじみ深いですか?

   あいうえお

57.次の言葉を、和語と外来語に分けてください。
タバコ  券売機  合羽  火事  手続き  ライト  マイホーム

   和語(タバコ 券売機 合羽 家事 手続き)
   外来語(ライト マイホーム)

58.自分が住んでいる土地の地名の由来を知っていますか?それはどのようなものですか?

   知りません。

59.アイヌ語に興味はありますか?

   興味はあります。

60.あなたの出身地には方言がありますか?どんな方言があるのか教えてください。

   ありますが、汚い言葉ですのでご勘弁を。

61.方言を使って、相手に「?」と思われたことがありますか?

   あったように覚えています。

62.方言を使うことを恥ずかしいと思いますか?

   いいえ。

63.逆に、関西弁を話してみたい・・・など、方言に憧れたことはありますか?

   あります。

64.日本語以外で得意な(好きな)言語はありますか?

   ありません。

65.世界の標準言語の英語と、日本語の親ともいえる中国語、習うならばどちらがいいですか?

   英語。

66.日本語が世界の標準言語になってほしいと思いますか?

   勿論。

67.日本に来て英語(他国語)を話している外国人に対して、「日本に来るなら日本語使え!」と思ったことはありますか?

   思った事はありません。

68.日本人よりもよほど上手な日本語を話す外国人に出会ったことがありますか?

   出会った事はありませんね。

69.相手は日本語がわからないはずなのに、なんか通じてる・・・そんな経験はありますか?

   ありません。

70.日本語を話す外国人が増えて欲しいと思いますか?

   思いますね。

71.外国へ行っても日本語で貫き通した経験はありますか?

   外国に行った事がありません。

72.日本が多言語国家になりました(日本語含む)。あなたは日本語を貫きますか?それとも、他の言語も学びますか?

   貫きます。

73.アンディ・スミスという人が、日本に帰化しようとしています(※架空の人物です)。彼に日本語で名前をつけてあげてください。<例:「サントス」→「三都主」>

   墨須 庵昵、そのままですね。(笑

74.日本語を母語として生まれてきてよかった(生まれてきたかった)と思いますか?

   思います。

75.生まれ変わっても日本語を母語としたいと思いますか?

   したいです。

76.日本語教師になりたいと思ったことはありますか?

   ありません。

77.国語教師と日本語教師、どちらになってみたいですか?

   教師になれる器ではありません。

78.言葉の壁は厚いと思いますか?

   そんな事はないでしょう。

79.日本語は簡単だと思いますか?

   簡単だと思えば簡単です。

80.日本語の良いところを述べてください。

   表現に幅があります。

81.日本語の悪いと思うところを述べてください。

   思い浮かばないです。

82.謙譲表現は必要だと思いますか?

   必要でしょうね。

83.日本という国は好きですか?

   好きです。

84.日本の歴史、文学、文化は好きですか?

   詳しくないのですが好きです。

85.日本という国を好きな言葉で表してください。

   言霊の国。

86.俳句や短歌、川柳、詩、小説・・・など日本語には様々な表現手段がありますが、いずれかで作品を作ったことはありますか?また、発表していますか?

   このブログ。

87.俳句を一句詠んでください。

   俳句は苦手です。

88.N○K教育の「にほんごであそぼ」、見たことがありますか?また、子供に見せたいと思いますか?

   見た事がありません。

89.国語辞典、漢和辞典、古語辞典、現代語辞典、あなたのおうちに揃ってますか?

   現代語辞典はなかったように思います。

90.辞書を見るのは好きですか?辞書を引くことが苦にならないですか?

   嫌いではないです。苦にもなりません。

91.自分の日本語の語彙が貧弱だと感じることはありますか?

   とても貧弱だと思います。

92.四段活用を言えますか?

   言えないようです。

93.自分が生まれて初めて口にした言葉が何か知っていますか?

   知りません。

94.早口言葉は得意ですか?

   不得意です。

95.あなたのお名前は漢字、ひらがな、カタカナのうちどれで表記しますか?

   漢字です。

96.自分の名前、こんな表記がよかったのに・・・と思うことはありますか?

   あります。

97.「黒板」「青信号」などの、実物と言葉の食い違いに違和感を覚えますか?

   いいえ。

98.あなたにとって、日本語とはどれくらいの価値をもつものですか?

   とても重要です。

99.日本語に関するサイト巡りはしますか?おすすめサイトがありましたら教えてください。

   しませんね。よってお薦めはないです。

100.お疲れ様でした。最後に一言どうぞ。

   本当に私は日本語が好きなのか、疑問です。(笑
焼くという犠牲
切り取るのではなく、患部を焼いて治療する医療行為があるらしいのです。不整脈の為の治療のようです。

「怖い不整脈と怖くない不整脈 ―不整脈を治すには― 知っておきたい循環器病あれこれ[6] 循環器病情報サービス 国立循環器病センター」にこのように書かれています。以下引用します。

「細い管(カテーテル)を足の血管から入れて、その先端から高周波を流し、頻脈の原因になっている心臓の筋肉の一部を焼くことによって不整脈を起こさないようにします。」

電気系統の異常というように書かれてありましたが、そう聞くと私の身体の中でも電気が巡っているのかなと不思議に思いました。
そういえば、車から降りてドアに触れると、私は必ずといっていいほど静電気で不快な思いをする事を思い出しました。

新聞には「治療には犠牲がつきものだ」と書かれてありました。手術で患部を切り取る事も、そして不整脈の治療で患部を焼くという事も、確かに犠牲とも言えなくもないですね。正常な細胞達を守る為にする事ですから。
ですが、切り取られた患部達もかつては自分の一部だったのです。
犠牲になってくれた彼等に感謝して生きなければなりませんね。
夜とは不思議なものなり
「なぜか参りきっているのに、夜は元気なのです。朝は死にそうです。一時間は動けません。なんなんでしょうね。」

この言葉は、ぶんだばさんの「夜行型人間がんばる」というエントリに書かれていた言葉です。
私の友が以前同じように言っていた事がありました。
彼女はとても夜が好きな女性で、子供の頃から夜中になると創作意欲が湧くからと明け方近くまで起きて小説を書いていたそうです。
ですが、結婚もし、子供も生まれ、更に病気などをして手術をしてしまってからはめっきり夜は遅くまで起きていられなくなったそうです。
ですが、その彼女も何年か前はとても疲れているのに夜になると眠れない時期がありました。何とか無理に寝るのですが、今度は朝が起きる事が出来ずに満足に家族の世話をする事が出来なくなったのですね。
どうやら精神的な物からくる不眠症だったようです。
今ではそれも解消されて眠れるようになったそうですが。

ただ、彼女は寂しくなったなあとよく愚痴をこぼしていますね。
夜は彼女にとって想像の翼を広げやすいらしいので。
年を取ると様々な物を捨てていかなければならないのでしょうね。その代わり、年を重ねなければ得られない物もきっとあるのでしょう。

私の手の中にもそういう物があります。
それも夜になると感じられる夢のような物が。
一般的ではない語句
ぶんだばさんが書かれていたエントリ「「立ち上げる」?」を読みました。

これはぶんだばさんが「立ち上げる」という言葉の多用を認めないという方のエントリを読んだ感想でした。以下、後学の為にぶんだばさんの記事から少々長い引用をさせて頂きます。

「「立ち上げる」に違和感を感じるのはわかる。が「自動詞(立つ)と他動詞(上げる)の組み合わせは日本語の使い方としては一般的ではない」というのはどこの資料に拠ったものだろうか?
自動詞他動詞という言い方を私は好まないが、たとえば「乗り越す」とか「打ち込む」なんてそういう取り合わせですが。今、自宅なので、反論をすぐにたくさんあげることはできないが、自動詞+他動詞の複合動詞なんてたくさんあるぞ。」(ぶんだばさん談)


彼女が読んだという「「立ち上げる」の多用を私は認めない」も更に読んでみたのですが、私は「立ち上げる」が一般的に使われるものではないという事を知りませんでした。
そうですか、コンピューターや機械関係の用語だったのですね。

広辞苑でも調べてみましたが「立ち上がる」とか「立ち上がり」という語句はありましたが「立ち上げる」は明記されていませんでした。
ただ、一般的かどうかという事は如何なのでしょうね。
私はぶんだばさんのように国語に関してよく分かっているという訳ではないので完全に印象として述べますが、一般的というのは多くの方が使っているという事で一般的という言い方になるような気がするのですよ。
所謂、市民権を得たといった風でしょうかね。
しかも一部の辞典には掲載されるようになったとか。
ですが、以前は一般的には使われる事は無かったという事を知る事が出来ました。

勉強になりました。
かつて結んだ君へ
そうだね。

私の手の中の君への想いが今でも温かさを感じさせてくれる。
そして、君が私にくれた温かな想いも私の手の中に残っている。

彼の言う通りだ。

その温かさがある限り、別れてしまった君とは何時までも結ばれたままなんだね。

それさえ感じる事が出来れば、私は此れからも元気でいられると思った。
私の元気が君に届くよう。私はずっと祈り続けるよ。
分からないなりに痛みを分かりたい
私の友人が「Reincarnation 痛感」で痛みについて書いていました。彼女は「他人の痛さをどこまで理解できるかは難しい」と言います。そして、彼女はこう言っています。

「痛みが分かるということは、自分もそれと同じような具体的経験をしたことによって得た過去の記憶を呼び起こす心の作業であり、相手の神経細胞が感じている痛さそのものを自分が同時に感じることではない。」

友が言う痛みは身体の痛みの事であり、心の痛みの事ではないのですが、この言葉を聞いて私は思いました。
私は今回、二人の友人の間に起きた出来事を見ていて、私の過去に起きた事柄がフラッシュバックを起こしてとても辛かったのです。これも痛みであると言えます。

ですが、確かに私はどちらもが感じている痛みはちゃんとした痛みとして感じてはいるのですが、私やかつての友はこの二人ではないのですね。
二人以外の人間は、彼等がどういう風にしてそう至ったかを知る事は出来ますが、二人がそれぞれに感じている痛みは正確に知る事は出来ないでしょう。当たり前の事なのですが。
ですから、私が「あなたの痛みは分かるよ。私もかつて似たような事があったから」とは言えないのだなと気付きました。

ただ、私は「こう思う」という事だけは伝えたいと思い、それぞれには私の気持ちは伝えてあります。私はどちらも大好きなのですから。


かつて、別れてしまった友と私の間で板ばさみになって苦しんでいた人よ、私は今になってやっとあなたの真の痛みを背負っているよ。あなたはこんな痛みを抱いてずっと私たちを見つめていたんだね。
本当に申し訳なかった。
心からあなたにお詫びを。
そして、これからはあなたのために私は静かに立ち続けるよ。
あなたに誇れる私となるために。

そして、エントリを書いた友よ。
矢張りあなたの書く物は大好きだ。
あの頃を思い出す。
あなたの文章に惹かれた傷心の私を。
あなたの文章で間違いなく私は救われた。
だから、あなたに寄り添うその人の痛みも、あなたはちゃんと分かる事が出来ると思うよ。

だいじだいじ──私もこれから何かある度に呟きそうだ。

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。