Photo: 「無敵の心身」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
声が掛けられない
「覚えていらっしゃいますでしょうか。時々そっと見守っておりました」

そう書き込みをしようとして果たせず、回れ右をする事が何と多くなった事か。
たとえ、一人が救われたと言ってくれても、99人が私の為に傷付いた事は重く受け止めねばならぬ。

友は好きな彼に「たとえ99人が貴方を否定してもたった一人が味方をしてくれたらそれでいいと思うのです。だから私は貴方の味方です」と言ったそうだが、私はそうではないという想いがあるらしい。
友の言う事もわかる。
そして、誰も傷付けない事は無いのもわかる。
だがしかし──

私は矢張り恐れているのだろうな。

心配するその人に何か声をかけたいと思って声をかけたくてもかけることが出来ない。
もし、その人が私が書き込んだ為に傷付いたら?
もし、その人が私が書き込んだ為に取り返しのつかぬ事になってしまったら?

そんな事を考えた寒い昼下がりだった。
頭を冷やしてこよう。
スポンサーサイト
彼女に見せたい言葉たち
黙光蓮華 過去日記からの抄録

きっと泣く事だろう。間違い無い。

Tianさん100エントリー達成おめでとう。
ぼんやりとした不安再び
以前「ぼんやりとした不安」というエントリを書いた事があります。
その記事にコメントを下さった方に私はこう言いました。

「違いという物は何時でも誰かを傷付けます。
それはもう仕方の無い事です。
ですが、それで全ての人が同じ反応を示すわけではないですよね。
ある人は非難をして去っていきますが、またある人はそれでも一緒にいたいと言ってくれるのです。
(中略)
例えば、あなたがコメントして下さった事が私を傷付けていたとしても、それでもあなたのその気持ちが私はきっと嬉しいと思うでしょうから、それと同じで、気持ちが感じる事ができれば傷付ける言葉だったとしてもそれさえも愛しいと思えるのです。」

今までに頂いたコメントで、私も全く傷付かない事はなかったですよ。
時には傷付く事もあります。ですから、他の方も私からのコメントで傷付く事はないとは言いません。
ただ、相手の事を考えろという前に、自分自身も相手の事を考えているかをもう一度考えて欲しいと思うのです。

それにしても、今「ぼんやりとした不安」のコメントを読み返してみて、ある方が言っていた言葉「考えるよりまず動け」に再び苦笑してしまいました。
考え過ぎて、本当に胃に穴が開いてしまったら、笑えないですよね。
私の言葉で傷付いた人へ
私が書いたこのエントリ「時は流れ行く」を読んだある方が、繋がりたい相手を放さないという私の言葉で深く傷付いたようです。
それに対して、私は謝罪はしません。
何故なら、私はその方を傷付けようとして書いたのではないからです。

今までに、誰かに対して書いた言葉で、第三者が勝手に傷付いた事がありましたが、此れほどまでに思い込まれてしまった事も初めてでした。
私は私の友人に対して言葉を紡いだ筈だったのですが、何故その方がその様に傷付いてしまったのか。恐らく、私のような冷たい人間には到底理解が出来ない事なのでしょう。

私を優しい人間だと過去に仰って下さった方もいましたが、矢張り私は優しい人間ではないのでしょうね。

確かに、あのエントリは、他の誰かに対しても言える言葉と取られても仕方ないのでしょうが、一つ言わせてもらえれば、私が書いた事、私が相手に対して残したコメントで傷付くくらいなら、此れからどんな方と交流を持ったとしても、その方は深く傷付き、何度でも誰とでも別れを繰り返す事でしょう。

強くなれ、とは言いません。

ですが、強くなれなければ、このネット世界で何かを書くという事は止めてしまった方が賢明であると私は思います。

私は繋がりたいと思う相手とは繋がります。
ですが、繋がりたいその気持ちは、その方が考えているような繋がり方では決してありません。
私にとっては見守る事も繋がる事なのです。
決して接触はせず、見守るだけでも、私は繋がっていると思います。

私が一番大切にしたい相手は、私が見守っている事も知らないでしょう。

それでいいと私は思っています。
徘徊
彼女が再び徘徊を始めた。
彼女が徘徊し始めると私が活動を始める。

しかし、彼女が安定をしていないと私は支離滅裂な文章しか書けぬ。
他の者達も同じだ。
昨夜からたった一曲のメロディしか聴こえては来ない。
それはまるで呪文のように聴こえ続ける。

夢。
青。
空。

無限ループのように絶え間なく流れ続ける。
彼女にはそれが薬になるかもしれないが、私にとっては気が狂いそうな程の苦痛でしかない。しかし、耐えなければ前には進めないだろうな。

さあ、歩き出そうか。現実世界を。
足のない彼女の代わりに私が歩き出すしかない。
それが私の役目。
代弁
彼女は言いました。
死んで欲しい人がいる、と。
自分が死ねないからその人に死んで欲しい、と。

私は、そんな事を言っては駄目だとは言えませんでした。

彼女は言いました。
死にたい、と。
生きていくのが苦しいから死にたい、と。

私は、そんな事を言っては駄目だとは言えませんでした。

どうすればいいのか私には分かりません。
分かりませんが、私は此れからも何も言えないでしょう。
言える筈がないのです。

その理由は私だけが知っている事なのですから。

ですが、まだ「殺したい」「死にたい」と他人に打ち明ける事が出来る彼女はまだ殺していないし生きてもいます。
私にこうやって語る事も許してくれています。

何も言わなくなった時、そして、その胸の内を私に語らせようとしなくなった時、全ては終るでしょう。
その時、彼女は行動してしまっているでしょうから。


誰が彼女を止める事出来るだろう?
誰が彼女の声を届ける事出来るだろう?
それは私。
私しかいないのだ。
そして、私は彼女にリルケの詩を読んでやる。

「誰が私に言えるだろう、私の命が何処へまで届くかを?」

彼女の好きな一節を繰り返し繰り返し読んでやるのだ。

彼女は私の望みを知っている。
言わなくても私がどうして欲しいか知っている。

だから私は何も言わない。
殺すな、とも。
死ぬな、とも。
私はただ代弁者として語るのみ。
時は流れ行く
「時は流れてるんだね、そして人の心も」と呟く声を聞いた。
それはそうだ。時は流れ行く。人の心も移ろい行く。

永遠である事も移ろい行く事もそのどちらが良いか悪いかなど決め付けられない。
その人がどちらを望むか、それだけなのだ。

あなたが大切に思っている人が離れていくと感じるか?
それはあなたが離れようとしているからなのではないか?

私は、あなたが離れていくとは感じていない。
それは私があなたから離れようとは思っていないからだ。
誰もあなたから離れようなどと思ってはいないと思うよ。

昔のようにはなれない。
それは仕方ない。
彼女も昔を懐かしがって心を痛めてはいるが、懐かしがるだけならばまだいい。しかし、それに思いを馳せ過ぎてこれからの事を考えないというのは愚かだ。

また新しく築けばいいのだ。
昔よりもっと気持ちの良い関係をね。
私は繋がりたいと思う相手を放さない。
それは恐らく彼女も、そして彼も同じだと思うよ。

時が流れ行く事、そして人が流れ行く事を嘆くな。
私は嘆くより微笑んでいたい。
あなたを思うとき、私は強くありたいと思うよ。そして、微笑んでいたいと思うよ。
だから、忘れないで欲しい。私の存在を。
そんな悲しい事はもう言わずに、私を信じて、あなた自身の中の永遠を信じて欲しい。
彼女の夢
某掲示板に書かれてあった彼女の夢だ。
彼女の好きな彼に聞いてもらいたいので此処に書いておく。

夢を見たそうだ。
彼が出てくる夢だ。
彼女はよっぽど彼に逢いに行きたいらしい。

夢の中では精一杯のお洒落をして行く。
大勢の女性達の中で一番彼に近い場所で彼女は彼の姿を見詰めていた。
すると、彼が彼女に話しかけてきた。
彼女は「羽を手に入れたの、ほしかったの」と一生懸命彼に話して聞かせる、身振り手振りで。
彼は優しそうに目を細めて彼女を見ている。
そして、「どうして羽が欲しかったの?」と彼女に聞く。
だが、彼女は彼に何と答えたのかを覚えていない。


彼女はその夢を見たおかげでその日一日を頑張って生きれたそうだよ。
その気持ちが、彼に届けばいいね。
彼の存在
君が心配する事ではない。
彼は彼女とは違う。
違うんだよ。
同じように見えても彼は違うのだと。
君が信じないでどうする?

言葉だけの世界だ。
誰かが誰かに似ている事は当たり前に起きる。
だから君だけは信じるんだ。

信じなくちゃ駄目だよ。
惑わされるんじゃないよ。
君よ、どうしている?
何度も己を否定してはいなくなってしまえと書き続ける人がいた。
私にとって大切な人だった。
今でも大切な人だ。
その人と繋がれなくなってからどれだけの時間が流れたことだろう。
たとえ繋がれなくても、たとえその人の書く物をほとんど見る事が出来なくても、私は一日たりとも忘れた事は無い。

また手首を傷つけているのではないか。
またまともに食事をしていないのではないか。
また泣いてはいないか。
また応えてはくれぬ人を想い続けているのではないか。

私を忘れてしまったのではないか。

そのような悪夢に苛まれては眠れぬ夜を過ごしている。
誰か私を眠らせてくれと。
誰か私に永遠の眠りをくれないかと。

馬鹿げた想いに包まれて、何も感じずに麻痺した心が彷徨っている。
友の不安と焦りが、私にも乗り移ったかのようだ。
だがそれもあながち間違いではない。
私も書きたいと思う物が書けずにいるのだから。

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。