FC2ブログ


Photo: 「無敵の心身」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
あなたは私の過去に興味がありますか?
此処で書くようになって結構経ったわけですが、それに比べて記事は其れほど多くは無いにしても、それなりに過去ログも増えてきています。
ブログでは過去ログは余り読まれない、最新記事ばかりが読まれる、過去ログにも読んでもらいたいものはあるのにと嘆く方もおられると思います。
それに対して様々な方が「こうすればいい」とか「読まれなくたっていいじゃないか」とか意見を出しておられますが、其の中でも過去に書いたものをもう一度最新記事として新たに今の自分が書いてみればいいという意見を見ました。

そうですね。実は私が書いている物の中にもそういう書き方をしている記事もあったりします。
過去、別の場所で書いていた物で、これは誰かに読んでもらいたいと思うものを今の私の文章で書いた記事を時々挿入していたりするので、何処かで私が書いていた昔の記事を覚えている方が読んだら「おや?」と軽い既知感を感じる方もいるかもしれません。もっとも、そんな風に誰かに思い出して頂けるようなものを書いていたとも言えないわけでありますが。

私の過去ログを読んでみたいと思われる方はいるのでしょうか?
そんな風に思ってもらえるものを私は果たして書いているのでしょうか?
そうであればいいなと思います。
スポンサーサイト
毎日ではないが更新して行きたい
以前、私のこのブログは日記才人に登録をしていました。思う所があり、日記才人からブログを削除したのですが、IDは其の侭にしてあります。ですが、最近はほとんど日記才人にログインする事はありません。

その日記才人で見つけた幾つかの日記をお気に入りに入れて読んでいるのですが、その中の一つの日記で先日ブログを書き始めて一年近くが過ぎたという事を感慨深く書かれている方がいました。其の方は、これほどブログを長く続けられたのも話題を一つに絞らなかったからだと書かれていたのですが、ブログ、或いは日記を続けて書き続けられるのは話題も関係しているのでしょうが、果たして其れだけで長く続けていけるものなのでしょうか。

私のこのブログも話題を絞って書いているわけではありません。ですが、毎日何かを書き続けられる事は私には出来ません。此処で書き出してから最初の頃は、確かに毎日のように書いてはいましたが、今は色々と現実世界で忙しくなってきた事もあり、なかなか精神的に何かを書く余裕が無いといった所です。

ただ、私のブログでは毎日何らかの情報を求めて誰かがアクセスをして下さっているようです。毎日ではありませんが、時々アクセス解析を覗きますと、様々なキーワードで此方に飛んできて下さっているようですから。ですが、私の書く物は何の役にも立っていないと思います。本当に申し訳ありません。

ブログとは矢張りコメントやトラックバックがあるとやる気が出るものなのでしょうか。私のブログではほとんどコメントは頂けませんし、トラックバックもありません。もし、そういったものがあったとしたら、私も記事を書く気力が出るのでしょうか?
しかし、そうですね。以前は頻繁にある方とコメントを残し合って、其の方とはトラックバックも何回か送り合った事もありました。そして、其の頃は確かに記事もよく書いていたように思います。

私のブログも今年の秋で2年になろうとしています。此れからも5年10年と此処を続けて行けたらいいなあと思っております。どうぞ、此れからも静かに見守ってやって下さい。
検索もまた体験となる
「セックスなんてくそくらえ - Do No Google (ググるな阿呆)」という記事に目が留まりました。

私の友人もよく「分からなかったらググれ」と言います。知ってるのならば教えてくれればいいのにと私も思うのですが、それでは私の身に付かないというような事を友人は言っていました。つまり、「ググる」ことは「体験」とも言えるという事なのですね。
正午さんの言われるように「身を切るような試行錯誤の痛みを覚悟した実践以外に、ノウハウを得る方法などない。」という事と同じ事がGoogleで検索をするという事ではないでしょうか。

検索エンジンで導き出される知識は全てが正しいという訳ではありません。其の中から取捨選択する上で間違った選択をしてしまう事もあるでしょう。分からないから検索したのですから、選んだ知識が正しいかどうかなんてその人には分かる筈が無いのですからね。ですが、その間違った選択をしてしまうことこそが「体験」へと繋がるとしたら?
つまり、間違った知識で間違った事を書けば、誰かからそれを指摘され、時には罵倒されてしまう事もあるかもしれない訳です。そういう体験をして正しい知識を獲得する事もあるとしたら、それも実践としての体験とは言えませんか?

検索してでも探そうとするのはまだましだと思うのです。それには「探そう」とする能動的な姿勢が見られるのですから。だから、私は検索で知識を獲得しようとするのには賛成したいと思います。それが私の考えです。

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。