Photo: 「無敵の心身」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
其れが闇と言うのかは分からないが
私のブログは書き込みが躊躇われるオーラが出ているという事のようですが、其れが私の身内に宿る闇のせいなのか如何かは分かりません。
ただ、この闇は私と共に語り合う事が出来る相手か如何かを判断する為には必要な闇とも言えるのですよ。
以前にも、何方かに「他人をこの様に試しているのです」と言った事があります。
私は他人に心地良い言葉ばかりをかける訳ではありません。時にはとても辛辣で相手の心を抉るような言葉を投げかける事もあります。
そうすることで人は私に愛想を尽かし、二度と私と接触する事も無いでしょう。今回のように。(苦笑)
私と付き合うという事はそういう事なのです。私に傷付けられても、裏切られても、其れでも「あなたと一緒に居たい」と寄り添って下さる人を私はずっと追い求めているのです。
そして、そういう方はごく僅かでしかないでしょう。其のように奇特な方はなかなか居ないと思いますので。もしかしたらたった一人しかそういう相手は居ないのかもしれません。
其の人の前では、私はとても私らしく文章を紡ぐ事が出来ると、そんな風に思っております。
其れは一体何方なのでしょうね?
スポンサーサイト
目覚めることの無い夢を
私の罪は許される事は無い。
だが其れでも誰かは許してくれると言うのなら、私は海辺に静かに佇み、其の人の為に祈ろう。

あなたが目覚めることの無い夢を見続ける事を。
私もまた目覚める事の無い夢を見続けたいから。

あの頃笑い合った。
あの頃のように私に微笑みかけて優しく声かけて。
そんな優しい夢に抱かれて眠り続けたい。


有難う。
貴方の存在は掛替えの無い存在。
貴方の笑顔に救われた。
書き込みをしない事にしました
私はHNを「縞瑪瑙」と言います。「しまめのう」です。そして、他のブログに書き込みをする時には「メノウ」という名前で書き込みをしています。書き込みする場所はごく限られた場所にしか書き込みをしません。
以前頻繁に書き込みをしていたのは、ぶんだばさんという方のブログでした。ですが、其処は既に閉鎖・削除されています。後、やまめさんの掲示板にも以前はよく書き込みをしていました。今は書き込みには行っていません。書き込みには行ってはおりませんが、其れでも彼女は私の大事な友人です。
他にはエキサイトで猫の写真をよく見に行っていたブログに書き込みさせて頂いていましたが、其方も最近では伺っておりません。
最近やっと、もちもちおねいまんさんのブログに書き込みするようになったのですが、其れ以外は何処にも私は書き込みはしていないのです。ああ、ティアンさんのブログには書き込みしていますね。忘れていました。(笑)

何故私がこの様な事を書くかと申しますと、私の大切な友人から、あるブログに書き込みをしたのかと聞かれたからです。其のブログは一度私も覗いた事のあったブログでしたが、私は一度も書き込みをした事が無かったのです。ですが、確かに「メノウ」という名前で書き込みされていました。
私のHNと同じだからといって、其れが悪い訳ではありません。珍しい名前ではないので、私以外の方が名乗っていても可笑しくはないでしょう。ですが、もし、私の友人がそう思ったように、私が其処に書き込みをしたのだと思われるのは少々嫌だなと思いました。其の書き込みは別に悪さをしようとして書き込まれたものではなかったのですが、それがとても良い事が書かれてあったとしても、私が書いたのかもしれないと誰かに思われるのがとても不本意だと思ったのです。
そんな事を気にしていたら、何処にも何もコメントが残せなくなるとは言われるのでしょうが、其れでも少しでも誰かに「あの書き込みはあのブログの縞瑪瑙さんではないのか」と思われたくないのです。

此処FC2ではなく、他のブログ等ではログインした状態で書き込み出来る場所もあり、そういった場合の書き込みだと本人が書いたのだという証明が出来ますが、此処ではそれが出来ません。
ですから、私は宣言したいと思います。私は此れから誰のブログにも書き込みはしないと。もし、何処かで「メノウ」という書き込みを、此れから後に見る事があったら、其れは私ではないと思って下さい。お願い致します。
好きが持つパワーを信じたい
もちもちおねいまんさんから「IT田みつほバトン」というバトンを回して頂きました。記事は「「勝手にIT田みつほバトン」は続くよ 」なのですが。
どういった言葉を書けば良いのか分からないまま、もちもちおねいまんさんの言葉を見て私なりに書いてみたのですが、どうやら主旨が分かっていなかったようです。
他の方々のバトンを見てきたのですが、どうやら相田みつをの文章の雰囲気でネット及びブログの事を綴るといったことらしいですね。
ですが、せっかく作ってみたので、其の侭載せてみることにします。
画像が重いので続きに隠しておきますね。(笑)

あなたは祖父母の誕生日を知っていますか?
もう直ぐでハロウィンですね。
其れで思い出したのですが、私の大切な友人がこの間こう言っていました。
「うちの息子にね、ハロウィンって何時だったっけ。10月31日じゃなかったっけって言ったらね、違うよ、30日だよ、それで31日はじいちゃんの誕生日だって言ってたのよねえ」
ハロウィンは10月の最終日だったような気がするのですが、違っていたのでしょうか?
「ハロウィン - Wikipedia」には31日と書かれてありましたが。

ですが、其れはいいのです。私は其の話を聞いて感慨深く思ったのですよ。
と言うのも、先程とある方の日記を読んだのですが、其の方もご自分の御祖父様の事を書かれていたのですね。
友人の息子さんの御祖父様は普通の死に方では無かったのですが、今でも彼は自分の祖父を忘れずにいるのです。
私など自分の祖父の誕生日など覚えておりません。
他の方も両親の誕生日は覚えていても、祖父母の誕生日まで知っているというのも少ないのではないでしょうか。存命中ならばまだしも、死んでからずっと経っても覚えているという事もなかなか無いと思います。
友人の息子さんは、これからもっと大きくなって、子を持つ親になっても自分の祖父を忘れない人になるような気がします。

ハロウィンが近付いて、彼は自分の子供から「ハロウィンが来たね」と言われたら「父さんのじいちゃんの誕生日はな、ハロウィンの次の日なんだぞ」と言っているのが目に浮かぶようです。その時、果たして友人や私はまだ生きているでしょうか。そんな事を思いつつ、今宵一瞬雲の隙間から覗いた月を私は見上げております。
闇を纏ったあの方も「待っているから」と言ってくれるだろうか?
友人のティアンさんが「魂のカスケード-とある休日」という日記を書いていました。とてもいい日記だなあと思いました。

何かの主張をしている日記も、誰かに聞かせたい思いも、ただの呟きも、どんな物でも私は「此れが読みたい」と思ったら等しく私にとっていい日記であるのです。
其れは何も私だけでなく、ティアンさんもそうだろうと思いますし、他の方々も皆そうだろうと思います。
時には書かれている物で罵倒したい思いに駆られる事もあるでしょう。
現にこの私でさえも「むかつく」という言葉で吐き捨てる事もあります。勿論、その程度では罵倒とは言えないかもしれませんが、私にとっては罵倒です。ですが、其れでもそうしたい時もある、その様なネガティヴな想いに囚われ事もあるのです。其れが人間というものだと思っております故。

其れが、私が自分の身内に闇を飼っているという所以です。

コメントで何方かが、私のこのブログを「気軽には寄せ付けないオーラが漂ってる」と言われている方がいましたし、ティアンさんのブログでも「オーラの色で言えば、死を意味するもの」だから「嫌で怖い」と黒色をその様に評している方がいました。
そうなのでしょうか。黒や闇に癒されるという方はいないのでしょうか。そんな筈は無い、きっと一人はそういう方も居る筈です。私はそう思います。

ティアンさんが「魂のカスケード-色バトン」の私のコメントにこうレスを返して下さっています。

「人間には光の面と影の面があります。どちらが本物かといえば、どちらも本物なんですよね。私は、メノウさんの影の部分も嫌いではありません。誤解する人もいるかもしれませんが、わかる人はみな、メノウさんのことをわかっていると思います。」

私の影の部分、つまり闇を嫌いではないと言って下さった。其れだけでも私は救われます。そうですね。光の私も確かにこの身内に存在します。私の其の明るい部分に癒されているという方も確実に居る事を私も知っていますし。私も大好きな方々の笑顔を守る為なら、様々な事が頑張れると本当にそう思いました。

誰もが誤解をしても、たった一人でも分かってくれれば、私はきっと立ち続ける事が出来る───そう思います。

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。