Photo: 「無敵の心身」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
明日は無いと思って生きる
「お金があって、そして、死にたい場合」というエントリにはてなブックマークでコメントを付けたのですが、其れに対してエントリ作成者のみちアキさんが「死ぬ方法」というエントリでレスを返して下さいました。そして、私は更にみちアキさんのコメント欄に書き込みをしたわけですが、それに対してのみちアキさんのレスでこういう言葉を見つけました。

「明日死ぬつもりで生きろ。永遠に生きるつもりで勉強しろ」

これは、ガンジーの言葉だそうです。ガンジーがこういったような内容の事を言ったそうです。

「永遠に生きるつもりで勉強しろ」という意味が正直言って私には分かりません。そこまでして勉強をしたいという気持ちが私には無いからではないかと思うのですが、前半の「明日死ぬつもりで生きろ」という言葉には共感しました。
私の尊敬するある方が「明日は無いと思って生きている」と言っていたのですね。其れを聞いた私は、其の方が自分の生を大事に生きているのだと思い知ったものでした。そういう気持ちでいれば、ただ漠然と生きているより意味の有る生を生きているのだと感じられますし、私にとって「何故生きるのか」の答えが其処に有る様に思えてくるからです。

どちらにせよ、人は何れは死ぬもの。其の死が何時来るのか分からないし、どの様な死に方であっても、どんなに配慮して死んだとしても、なんらかの迷惑というものは誰かにかけてしまうものです。其の迷惑を完全に無くす事は出来ないにしても、最大な迷惑をかけないようにする事は出来る筈。そんな風に最近では思うようになりました。矢張り、迷惑をかけない死にしたいと思うなら金銭というものは大切な事の一つではないかなあと思いましたね。
スポンサーサイト
忘れていた言葉
「音楽は文章の恋人だ」

昔、あなたが彼女に言った言葉だ。彼女の過去の日記から拾ってきたよ。「僕の言葉はシュガーカット」に並ぶ名言だったのに、そんな事までも私は忘れていたんだね。

私は何でもかんでも忘れてしまう。そのうち大切だった人達のことまでも忘れてしまうのかもしれない。

だから、誰も見向きもしなくなる。そんな事は分かっていた事だ。私の日々作られていく記憶は、忘れ去られる為にあるのかもしれない。とすれば、一体何の為に記憶はあるのだろう。大切な人たちとの大切な想い出を忘れたくないと思っているのに、忘れていってしまうとは。

忘れたくない。何も忘れたくない。痛みさえも忘れたくない。あなたのくれる痛みだけは忘れたくない。微笑んで泣いてみせるよ。あなたが笑って欲しいと言うのなら。だが、泣くなとは言わせない。其れだけは譲れない。

そして、今夜のこの気持ちも記憶となって私の心に降り積もる。儚い雪のように、何時か心で溶けて無くなっていく運命なのだ。其れが悲しい。私は悲しい。

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。