Photo: 「無敵の心身」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
猫も犬も好きなんだよ
スポンサーサイト
冬の無い世界に行きたい
今日のような暖かい日にはもう直ぐで冬も終わるのだなと思う。

あなたは人と寄り添える冬が好きだと言った。
だが私は最近は冬があまり好きではなくなったよ。
其の理由は言いたくない。
なるべくなら考えたくない理由だからだ。

子供の頃は雪が好きだった。
夜の雪は格別に神秘的で私は一晩中眺めていたものだった。
あの頃の私は幸せだったかな。
其れさえもよく覚えていない。

今の私は冬が無い世界に行きたいよ。
あなたは如何かな。
冬の好きなあなたは。
そうだな。
あなたが手を繋いでくれるのなら少しだけ冬が好きになれるかもしれない。

冬が終わる。
そしてまた冬はやってくる。
何度でも。
私があなたが生き続ける限り。
私はあと何度冬を見続けるのだろう。
笑顔を齎す人になりたい
今朝は、もちもちおねいまんさんの「思い出し笑い」というエントリを読んで色々と思い出しておりました。

昔、私が好きで読んでいた本のキャラクターを使って、とても面白い漫画を書いて下さった方がいたのです。もちもちおねいまんさんの妹さんは、もちもちおねいまんさんの所業を呆れていたという事ですが、私は当時、書いて下さった方と一緒に楽しんでおりました。恐らく、元となった物語を書かれた方にとっては不本意な扱われ方だったと思いますが、こういったものも愛情の一つだと私は思っています。勿論、其れは作者の方には理解して頂けない愛情かもしれません。ですが、中には其れを喜んで下さる作者もいる筈ですよね。私はそういった作者に好感を持ちます。

私はもちもちおねいまんさんの描き出すイラストを心より愛しています。私は子供の頃から絵本が好きで、小説なども挿絵が無いと楽しんで読めない所がありました。ですから、私は絵本がとても好きなのです。ただ、絵本は他の本に比べて少々お高いので、なかなか購入は出来ませんでした。特別な日に家族や友人に買って貰ったり、自分で自分にご褒美として購入した事もありましたね。其の点、こうやってネット上では無料で絵本を見る事が出来るので、本当に楽しい世界だと思っております。

ここ数日、もちもちおねいまんさんの描く「わらさん」に夢中でした。(笑)
もちもちおねいまんさんは、私がどの様な表情で読んでいるのだろうかと笑っていたそうですが、私も満面の笑顔で読んでおりました。絵本「わらさん」に限らず、毎日描かれる彼女のこんこんさんたちは、何時も私に笑顔をもたらします。もちもちおねいまんさんのように絵で人々に笑顔をもたらす人、音楽や其の存在だけで人々に笑顔をもたらす人、様々な人に笑顔をもたらす其の才能は本当に素晴らしいものだと思います。私も誰かに笑顔をもたらす人になりたいと思った朝でした。

何時か、時が過ぎて、もちもちおねいまんさんがこの日を思い出す時に、私の事も一緒に思い出してほっこりと笑って下さる事を夢見ております。

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。