Photo: 「無敵の心身」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
惹かれ合う
昨日は少し辛い日でした。好きだった方が亡くなったと聞かされ、半ば覚悟していた事とはいえ、矢張り嘆いたものでした。何でもいい、何か言葉をと思いつつ彷徨っていたら、やちさんの「無敵の心身 Re LoveLetter」に辿り着きました。

私の存在があなたが存在した証となるとまで仰って頂き、私はこの上ない喜びを感じ、辛い昨日という日が救われたものでした。

「POISON」覚えていてくださったのですね。

私は様々な別れを経験してきたし、これからも別れは経験してしまうでしょう。亡くなられた方のような悲しい別れもしてしまうことは生死という呪縛から逃れぬ事が出来ない私たちの誰にでも訪れてしまうことでもあります。それでも私は出逢った事を間違いだったともう二度と言いたくない。其の為には私は自分に出来る努力はしていくつもりです。あなただけでなく、今大切に思っている何人かの人を、私の馬鹿な行動で失いたくないから。

何時までも「大好きです」と言われる私で居る為に。

私からも有難う、を。そして、これからもよろしく。
スポンサーサイト
Love Letter
如何していたのかと思っておりました。時々アクセスしては更新されぬブログを落胆の気持ちとともに閉じ、私もまた更新するモチベーションが下がっていったのだと思います。それが今朝は何気なくアクセスしてみたら更新されていました。「無敵の心身 放浪癖ほど寂しがり屋」を読み、あなたがお元気であることを知り、とても嬉しく思いました。

あの頃が懐かしいです。私も他人との交流に夢中になっていた頃のことでした。それ以前に己の書いたもので他人との交流に及び腰になっていたので、最初はおずおずと、それからは人との会話が楽しくてしかたなくて、私はいろいろな方と知り合いになりました。あなたはその中の一人で、とても好感を持ったのですが、私のような人間は受け入れてはもらえぬだろうと思い込んでおりました。それが、あなたとお話をさせて頂き、杞憂であったことがわかり、本当に嬉しかったものです。

あの頃に知り合った人々で今でもお付き合いのある人は、二人だけです。あなたともう一人。尤も、あなたが書かれているように、私とあなたとの間には少し距離が出来てしまったかもしれません。私がこのようなエントリを公開の場で書いてること自体が距離だと思われるからです。

最近の私は少し書くことから遠ざかっていました。全く書いていないというわけではないのですが、書いても公開できるほど形のあるものではなかった。今書いているこのエントリも本来ならば公開すべきものではないとは思うのですが、あなたが更新して下さった事がとても嬉しかったので、感情の赴くまま何か書かねばと思いつつ、書いております。あなたが以前、好きだと言って下さったエッセイも今はウェブで昔のまま公開しています。覚えていますでしょうか、あのエッセイたちを。

『そっとしておいて欲しい』という言葉を信じるならば、私はこのエントリを書くべきではなかったのかもしれません。ですが、私は書いてしまう人間です。あなたに私の声が届くかどうかはわかりませんが、ですが、あなたの『会いたいと思う』という言葉も信じたい。私に対してもそう思って下さるのか、と。そうであって欲しいな、と。

あの頃、とてもとても会いたいと思っていた方に、絶対に会えぬと思っていた方に私は会うことができました…ああ、何を言いたいのかわからなくなってしまいました。まるで愛しい人に送った「Love Letter」を書いている気分です。これからも、其処で写真と言葉を紡いで下さい。たとえ、其処があなたの場所ではないとしても、それでも、私はあなたの姿を見ていたいのです。

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。