Photo: 「無敵の心身」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
夢の国で佇む
以前にもはてなスターについて私もエントリを書いたことがありますが、今でもはてなスターで疑心暗鬼になっていらっしゃる方はいるのでしょうか。いるのでしょうね。

最近ではなかなかはてなスターをつけるということもないのですが、それはたんに他の方のブログを読むことがないからであって、私ははてなスターやはてなブクマを気軽につけたい人間なのですよ。もちろん、読んだ物が「良いな」と思った時だけなのですが。それは以前書いた事と変わりはありません。

私はアンテナには登録していなかったのですが、友人がとあるブログを登録しており、私はそこから其のブログにアクセスして読んでいたのですが、友人はよくはてなスターを其のブログにつけていました。私は珍しくそっと見守っていただけなのですが、ある時、其のブログが跡形もなく消失してしまっていたのです。友人もショックを受けていましたが、私もとても残念でなりませんでした。

どうしてもう少しだけ強く立ち続ける事ができないのでしょう。

其れとも、強さだけでは立ち続けられないのがウェブの世界なのでしょうか。

私の友人の一人はご自分の座右の銘を「何とかなるさ」と言っていました。其れは強い心を持っているからではなく、流されても弱くてもいいから、じっとして悪い時期をやり過ごすという意味もあるのかもしれません。誰かの好意や誰かの悪意、そのどちらにも浸りたくない、晒されたくない、そんな人にはもう少しだけ「やり過ごす」という気持ちを持って欲しいと私は思いました。
これは確かにその方の気持ちを考えない、こちら側の読者である私たちの気持ちを汲んでくれということなので、傲慢なお願いなのかもしれません。ですが、悲しいですよ、こちらとしては。その方の書く物を読み続けたいと思っていた者としては。

私は、こんな私の書く下らない物でも、過去知り合い私の前から消えてしまった人たちが、其れでも「どうしているのだろうか」と懐かしく思って読みに来て下さるのを期待しています。其れだけでなく、私の知らない誰かが、私の書く物を少しでも「読みたい」と思って下さっているかもしれないとも思っております。だとしたら、私はどうあっても此処はこのまま続けていくしかないと思うのです。強くそう思うのです。たとえ、其れがただの幻想だとしても、誰も私の書く物など興味を持ってくれないとしても。私は立ち続けなければならないのです。其れは結局は誰の為でもなく、自分の為になるのではないかと思いながら。

私はこれからも静かに佇んでいる事でしょう。この夢の国で。
スポンサーサイト
こう見えて私は肉食系です(笑)
はてなRSSが終わるらしいですね。私はRSS機能は使ってはいなかったのですが、RSSを日常的に使っている方々にとっては他サービスへの移行作業など面倒な事ですね。私の友人もはてなのRSSに幾つか読んでいるブログを登録しているようでした。ただ、友人はRSSでブログを読んでいるわけではなく、あまり頻繁に更新されないブログの更新通知として使っていたようです。ですから、これからはRSSに登録していたブログもアンテナに移行して、そちらの方で更新チェックをすると言っていました。

私の場合、多くはないですが幾つかアンテナに登録しているブログがあります。勿論、公開しているアンテナですので、相手の方も私が登録して読みに来ているということは知っておられるでしょう。知られても構わないという気持ちで公開しているのですが、中には私に読まれたくないと思っているであろうブロガーの方もいるのではないかと思っており、アンテナに登録しているブログ以外で毎日アクセスしている幾つかのブログはURLを控えておいて直接アクセスするようにしています。毎日のように更新しているブログもあれば何ヶ月も更新されないブログ、恐らく二度と更新されることはないブログもあり、日々恐る恐るアクセスしております。なかなかにスリリングな一瞬です。

ところで、RSSには記事の配信が全文配信と一部配信とあるようですが、私のブログでも友人のブログでも全文配信にはせずに一部配信としております。それは勿論、相手の方がこちらに直接アクセスして読んで欲しいと思っているからなのですが、とある方が「RSSは全文配信をして欲しい」と書かれていて、その理由を書かれていたのですが、それでは私も何故全文配信にしないのかを自分の立場から語ってみようと思います。

たとえば、私の友人は全文配信して読ませろという人には読んでもらわなくて結構と思っていると言っておりました。文章も読みにくい書き方をしており、それも読まれるハードルを高くしているのだという事です。つまり、それだけ読みにくい、読者にすこぶる不親切な書かれ方をしていても、それでも「あなたの書くものをどうしても読みたいのだ」と思ってくれる人にだけ読んでもらいたいのだそうです。私もその気持ちはわからないではありません。ただ、私の場合はそこまで見知らぬ誰かを試すことはするつもりはなく、見知らぬ誰かは正直どうでもいいと思っていたりします。私には明確に読んでもらいたいと思っている相手がおり、その相手の残す足跡を見るのが楽しみなのですね。ほとんどが検索で来られる方ばかりのこのブログですが、時たま、見たことのある足跡が残っていることもあり、「ああ、あの人が読みに来てくれた」と、心躍らせているのですよ。ただ、一番この人には読んでもらいたいという人は、本当に読みに来てくださっているのかはわかりません。一度だけ「読んでください」とURLを教えたことがあったのですが、全くの無反応でしたので。しかし、他の方がその方に「好きなサイトはありますか」と聞いて「ない」と答えているのを聞いた事があり、落胆したものでした。私のブログをもし読んで下さったとして、恐らくその方はお気に召しては下さらなかったのでしょうね。

どのような読まれ方をしてもそれはその人の自由。ですから「こうして欲しい」と言うのも、もしかしたら相手が「そうしよう」と思ってくれることもあるので言うのも無駄じゃないでしょう。ですが、読まれる相手にも理想の読まれ方というものがあるのです。そういった人たちのことも考えてお願いのエントリは書かれた方がいいでしょうね。せめて「RSS配信している人で多くの人に読まれたいと思っているのなら、全文配信にしたほうが良いと思いますよ」と書けば、少しは一部配信している方の気持ちに配慮したと思えますし、そうすれば、私がこんなエントリを書くこともなかったでしょうから。

それにしても、全文配信ではないから読まないという人は、全文配信ではなくてもこの人の書くものは何としても読みたいというブログはないのでしょうか。障害のある恋はすぐに諦めてしまう、そんな草食系な人間という印象を持ってしまいました。というのは、言い過ぎでしょうか。(笑)

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。