FC2ブログ


Photo: 「無敵の心身」
何が裏切りであるか
今は読めないエントリに「本当に本当に大事なものは、たった一人でもいいから、この人は自分を裏切らない、と信頼できる人の存在なんだと思う」と書かれていた。

私は「私にも居ます。だから私も誰かにとって裏切らない存在になりたいのですが、難しいですね。人の心は変わりますから」とブックマークコメントを書いた。

私が裏切っていないと思っていても、其れを裏切りと取る者も居る。
其の人が私を裏切っていなくても、私にとっては其れが裏切りと感じる事も有る。

そんなことは承知の上で、今でもずっと関係が保てている人を此れからも大事にしていきたい。
心の底からそう思った。
心安らかに其の時を迎えたい
「夢の中では死んだ人は話をしない」と聞いた事があると、以前、Mappyさんがご自分のブログで書いていた事があったのですが(「Mappy! 明け方にみる夢」参照)、その時のブックマークのコメントに私は「私の見る夢でも死人は口を開きますし、風景にも色は付いていますし、食べ物も味が付いております。ですので、私にとって夢の方が現実味があるのですよ」と書きました。

如何して夢の中の死人は話をしないというのか、その根拠はわかりません。知り合いの女性も死去したご自分の夫がよく夢に出てくると言っていましたが、生前と同じように喋っていたそうですし、私も幼馴染に若くして死んだ者がいますが、その人も私の夢に出て来て普通に喋っていました。

たまたま、このエントリを書こうとしていた先程、見ていたテレビ番組でとある芸能人の女性がご自分の友人が幽霊となって出てきたのだと話していました。その女性は寝ていた所を肩を叩かれて目が覚めて、目の前に友人が立っていたそうですが、その死んだはずの方はご自分が死んでいることをはっきり自覚しており、残された他の友人や家族に言葉を届けて欲しいと頼まれたそうです。自分が死んだのは寿命だったんだ、あちらの世界で元気にやってるから心配するな、みんながこっちに来るのを待ってるからと。

話をしていた芸能人の方は、確か以前にも似たような霊体験を話していたのを見た事があり、私はその方の言うことは信用してもいいなと思っておりました。ですから、今回の話を聞いて、ああ、死んだ人達はきっとみんな元気に楽しくやっているのだなと信じられました。私の幼馴染も夢の中で何処かに行こうとして私がついていこうとしたら「あなたはまだ来られない」と言っていましたが、あれも恐らくメッセージだったのでしょう。その夢を見たのは何時だったか正確な月日は忘れました。ただ、誰かが死ぬ度に私はその人を思い出してしまうのです。忘れることのできない人なのですね。

ですから、何となくではあるのですが、私が死ぬ時、その人が私を迎えに来てくれるようなそんな気がしています。出来れば、心安らかに死んでいければいいなあと思いつつ、去年の今頃亡くなった、私が一番尊敬していた方の事も思い出していました。勿論、先頃亡くなった屁爆弾さんの事も。お二人とも何処かで元気に過ごしているのでしょうね。何時か、其の場所で出会える事を楽しみにして、頑張って生きていきましょう。
私小説であるブログを愛する
もしかしたらお気づきの方もおられるかと思いますが、過去にブックマークをしたものを整理している所です。リンク先のエントリがなくなってしまったものは思い切って削除したり、ブックマークをしたエントリを読み返してみたり、ブックマークを付け直したりとしている所なので、ご迷惑をおかけしていると思います。申し訳ありません。

そんな中で何かエントリで書けるものがあればこんなふうに書くこともこれからはあるかと思います。今回はこちらのエントリ「なぜ「わたし」は「小説」を読まないのか。 - こころ世代のテンノーゲーム」を読んで、少々思ったことがあるので書いてみます。簡単ではありますが。

ミステリー、ファンタジー、SFは私も好きです。とくに子供の頃はそれらのジャンルの小説は現実を忘れさせてくれるという理由もあったから夢中で読んでいたと思います。それが、最近ではあまりそれらのジャンルは読まなくなったようです。私がもう若くはないからというのもあるのでしょうが、それでも年を取ったとしても、そういったジャンルの小説を死ぬまで好きで読み続ける人というのもいるでしょうから、私は年齢が移りゆくことで興味の対象が変わっていくタイプだというだけに過ぎないのでしょう。

取り上げたエントリを書かれた方は、私小説や群像劇や恋愛を好まない人らしいのですが、その理由として挙げられている他人の心に興味がないから読まないというのは私にとっては違和感がありました。ミステリやファンタジーやSFにも他人の心はこれでもかと描かれているものもありますので、何方かもコメントをされていたようにジャンルで、これは読む、これは読まないというのは少し違うのではないでしょうか。ただ、気持ちはわかります。私小説や恋愛小説などを苦手で読みたくないというのは結構聞きますから。もちろん、苦手である理由は苦手な人の数だけあるかと思いますので、それが私小説だから、恋愛小説だから、だから読みたくないというのでは説得力には欠けます。

そうですね。私も恋愛小説はあまり読みません。ですが、恋愛を読みたくないというわけではなく、作品によっては恋愛が描かれていないと物足りないと思うものもあります。ジャンルで読みたくないとか、作家で読みたくないとか、そういったことは私には言えないわけです。私はどちらかというと他人の心を描いたものが好きなのです。ですから、そういった類の小説はどんなものであっても読みたいとなるのです。そして、そういう小説はどんなジャンルの小説であっても読みたくなります。なので、その逆で、それがミステリだろうがファンタジーであろうがSFであろうが「人が見えない」ものは途中で読むのをやめてしまいます。最近読んだミステリ小説では、歴史的な考察ばかりが延々と書かれていたために途中で読むのをやめてしまいました。その小説では「人が見えてこなかった」からなのです。

私は自分の心にも興味はありますが、それ以上に他人の心にとても興味があります。それは興味を持たれてしまった相手にとっては気持ちの悪いことでしょう。こんなふうに誰かの心が書かれたブログを読んではそれを取り上げて語ってしまったりするわけですから。相手にとっては不本意だと思われることもあります。それでも如何しても私はやめられない。ネット上に存在するブログの中でも自分の心を綴る、つまりは私小説のようなそんなブログは多いと思います。私はそういったブログを読むのが好きなのですよ。ブログは小説ではないと言われる方もいるかと思いますが、私にとっては他人の書くものは其れが事実であっても小説なのです。愛しい小説なのですよ。

私はこれからもそんな私小説めいたブログを読み続けるでしょう。