Photo: 「無敵の心身」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
末永く
何年か前のことですが、ネットで知り合ったある方と、とあるデパートでお会いした事があります。仮にSさんと呼びましょうか。Sさんはとても素敵な方で、とても楽しい時間を過ごす事が出来ました。其の頃の私は、人間関係の事でとても悩んでおり、Sさんともちゃんとしたお付き合いが出来るだろうかと心配していた頃でした。人と会う事を極端に恐れていた時期でしたので。ですが、心配には及びませんでした。其れほどSさんという方は私が思い描いていた通りの方だったからです。

あれから長いようで短い時が流れ、其のSさんと再びこの秋にお会いすることになったのです。

今度は賑やかな街道を歩きました。私はSさんの横で歩きながら幸せを感じていました。初めてSさんと会ったあの頃に知り合った何人かは、今現在はほとんどの方が私の前から消えていってしまいました。皆、私がネット上で書き物をするようになった初期の頃からのお付き合いでした。Sさんも其の中の一人でした。ですが、其れ以来、Sさんだけはずっと私の傍に居てくれたものでした。勿論、濃密に付き合って下さったわけではありません。時には私に叱咤激励をして下さる事もありました。またある時は素敵な贈物をして下さった事もあります。まるで空気のような、太陽のような、月のような、そんな存在として優しく、時には厳しく、私を見守って下さっていたのです。

そんなSさんが、結婚前に私にもう一度会いに来て下さったのです。私はSさんがとても好きで、そして、Sさんには幸せになって貰いたいと思っていました。本当に心からそう思っております。結婚しても私達は末永く友人同士ですよ。これからも互いに互いを見守っていきましょう。Sさん、どうぞこれからも宜しくお願い致します。そして、御結婚、おめでとう御座います。
スポンサーサイト

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。