Photo: 「無敵の心身」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
彼の地に届きますように
私の大切な友人は、新婚旅行で宮古市に行ったそうです。
今回の出来事には非常に胸を痛めておりました。
新聞に毎日のように載る亡くなった方の名前の中に、自分の旧姓と同じ苗字を見つけては「もしや、遠い親戚では…」と思ったり、様々な年齢の方が亡くなられていて、自分の年齢と近しい方を見つけては己の事のように辛い気持ちになったり、まだ小さい年のお子さんまで亡くなられていると知っては、まるで我が子が亡くなったかのように涙が溢れてきたりするのだと言っておりました。

宮古には浄土ヶ浜があります。
亡くなられた方々が極楽浄土に旅立ったのだと思いたい。
そうであればいいのにと願いたい。


私も大切な友人も彼の地より遠くに住んでおります。私たちに今出来ることは、自分に出来る範囲での義援金を送る事だと信じて、私も友人も僅かではありますが送金させて頂きました。この気持ちが彼の地で辛い思いをしている方々に届きますよう祈りながら。
スポンサーサイト
救いたかった人
其の人の綴りを見て彼女を思い出していた
私もまた彼女をかわいそうな人と思っていたのだ
私に救えるはずのなかった彼女を

私は今までに誰も救えたことはなかったのだ
救えたと思ったのはただの幻想
其れはきっと間違えようのない事実

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。