Photo: 「無敵の心身」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
誰に読まれたいか
「ネットがなかった時代は必要なかった不特定多数の承認を俺は渇望している」と書いている方がいました。不特定多数の承認、其れが私にはよくわかりません。確かに、インターネットで文章を書くようになり、遠くに住む顔も知らぬ誰かから「あなたの書く物は面白い」と言われた時は嬉しく思い、もっと面白いと言われたいが為に書いていた時代もありました。そして、私は誰かに読んでもらうことを切望しているのだと其の時は思ったものです。ですが、だんだんと己が何の為に書いているのかを理解していくにつれ、私は決して不特定多数の承認を欲しているわけではないと気づいていったのです。

私は読んで下さる方を選んでいる。何時の頃からかそう気づくようになりました。私が「この人に読まれたい」と思い、そして、読まれる為に其の方のエントリをブログ上で取り上げる。「読んで下さい」とはなかなか言えないものです。其の方が私の書く物に興味を持たない事が多いものですから、そのように分かり難いアプローチでおのれの存在をアピールするのです。

インターネットでの繋がりを信じていた時代もありましたが、私が信じていた頃から友人の一人はインターネットの繋がりなど信じていないと言っていましたね。其の時、其の時に泡沫の繋がりを楽しむ、と。ですから、インターネットでの人間関係で悩んでいた其の頃の私に対してはとても辛辣でした。ですが、実は今でも私はインターネットでの繋がりを信じているのです。信じているし、私は孤独だとは思ったことはありません。現実の私が孤独ではないからです。たとえ、私の考えや行動を全て否定されたとしても、私は決して孤独だとは思いません。「ネットでいつでも誰とでも繋がっているような気がしてるだけで、ホントは孤独なんだ」と書かれている方のブログは其れほど昔から読んでいたわけではありませんが、不特定多数の承認を欲している方のようには見えませんでした。なので、ああ、また私は誤読をしてしまっていたのかなあと思います。

私はこれからも読まれたいと思う誰かの為に書いていくでしょう。「誰か」には思い浮かぶ特定の方々が浮かんでいますが、恐らく其の何人かには決して読まれる事はないでしょう、今までもこれからも。其れでも私は細々と書いていく。己の為に。
スポンサーサイト

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。