Photo: 「無敵の心身」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
戦争は無くならない
更に同じ掲示板で、ぶんだばさんが「宗教と戦争」の事を書かれていましたが、それを読んでいて先月の新聞に書かれていたある方のエッセイの内容を思い出しました。

その方は「なぜ戦争はなくならないのだろう」というテーマで様々な事例を挙げていました。
戦争で利益を得る者に仕組まれているらしいとか、資本主義の体制そのものが戦争に至る必然性を孕んでいるとか、経済問題、領土問題、人種問題、宗教問題、民族問題などが複雑に絡み合っているとか、兎に角どうしても起こるべくして起きてしまうというような事が書かれてありました。

どんなに反対しても、気が付いた時にはどうにもならないのだ、と。

この方は「戦争のない平和な世界とは夢物語なのだろうか」と書かれていました。この世には絶望しかないからだ、と。
残念ながら私の考えも、人間が人間である限り戦争はなくならないと思っています。
確かに平和の意味は「戦争が無い」という事に間違いないのですが、その状態は長く続く事はないのです。
人の心が変わっていくように、必ず世界も変容していくのです。
平和である事が大事なのではなく、変わっていく事が大事なのではないかとそんな風にも思っています。

良い事も悪い事も続かないからこそ生きていく事ができる。

私にはそう思えて仕方ないのです。
人間とは留まる事が出来ない種族なのではないかと。

今、自分が生きているという事。そして、留まる事無く成長していく事。変わっていく事。この事実が大切な事ではないのかと、そんな想いが私の中で渦巻いています。

そして、この方が最後に書かれていた「現実が絶望しかないとしても、それでも戦争のない平和を目指して努力することが、生きている者の使命である」という言葉はその通りであると私も思います。

何もしないよりは努力することは無駄な事ではないということです。
平和が続けば世が乱れる時代も来る、それを如何にして再び平和に導くか努力する。そういう努力が、戦争は無くならないにしても速やかに平和へと移行する事にも繋がるのでしょう。
今世界で起きている戦争にしても長引かせているのは何であるか、頭の良いトップの方々にももっと考えて頂きたいと思います。

何の為に戦争をしているのですか?
よもや正義の為にと?
私は正義の為にと言う者を信じません。
正義とは何時の時代でも普遍ではないから。
最も個人的な感情で決められる物だと私は思っています。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。