Photo: 「無敵の心身」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
全てを見せて欲しい
「ARTIFACT ―人工事実― うざがられる自分語り」で「自分語りは嫌われる」という事について筆者が書かれていた事を読みました。

筆者は「自分語りが嫌われるわけではない」と書かれていました。

確かにそうですね。
私も多くの日記を読ませてもらっていますが、此処ではリンクしていない日記の中には自分語りの日記も多く存在しています。ですが、私はそういう日記をうざいと感じたことはありません。むしろ、もっと自分語りをしてくれと思っていますから。

それは何故か。

勿論、その人物に興味があるからです。
興味の持てない方のは読みませんから。
ですが、興味のない方の自分語り日記をたとえ読んだとしても、私はうざいとは思いませんがね。

さて、この筆者は「個人の管理しているスペースというのは、公共の場ではない」と書かれています。私もそう思います。
ですから、その公共の場ではない場所では、矢張り管理者の自由な表現は許されて然るべきだと思いますね。
それが気に入らないのであれば自由に意見をすれば良いし、また、意見をされたからといって、いたずらに卑屈になり、書きたい事も書かないというのも駄目でしょう。
とはいえ、書かない自由もあると思いますので、覚悟の無い者は書かなければ良いのです。

知り合いが言っていましたが、ウェブ上に存在するサイトはガラスで出来た家なのだと。
そこで何をしているかは通りがかる者には丸見えです。
何を見せて、何を隠すか、それは本人次第。
何もかも見せる事の出来る人間は、本当はとても強い人間か、或いはとても弱い人間なのかもしれないと思ってしまいました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。