Photo: 「無敵の心身」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
名に宿る魂を愛す
えっけんさんの「むだづかいにっき♂:意見と批判と匿名について」を読んで、七誌…失礼、名無し書き込みに対して不快に思っていた私の考えが少々変わりました。

名無しで書き込みをする、その方の心理というものを考えてみると、書かれた記事に対して否定的な意見を書くとか、ただの罵倒のつもりで書くとか、或いはその場所に訪れる他の閲覧者に知られたくないとか、そういった理由から名無し匿名で書き込みをするのでしょう。

ですが、幾ら書き捨てであっても多少は考えてHNくらいは書けば良いのにと私は思ってしまうのですね。極端な話、花子でも太郎でもどんなに有触れた名前だとしても立派な名前だと思うのです。
そうは言っても「名無し」も立派なHNだと言われる方もいるかと思います。そういう考えも間違ってはいないと思いますが、私は好きではないです。

例えば、訪れた場所に自分とは知られたくないがコメントを残したいと私が思ったなら、匿名用にHNを考えて残すでしょう。しかも、自分が「なかなか良いHNを考えたぞ」と思えるHNをです。一生懸命考えますよ。他人はたかだかHN如きで何を必死になっているのだと思うかもしれませんが、私にとって「名前」は大切な物なのですよ。自分の名前も、そして相手の名前も大切だと思っているのです。勿論、私が興味を持つ方の名前に限りですが。

そういう訳で、私は「名無し」という書き込みをされる方に対して、例えそれがどんなに素晴らしい意見だったとしても好意的には見れなかったのですが、えっけんさんの言葉に今更ながら気付かされた事があります。
それはえっけんさんがご自分の記事にコメントとして追記された言葉「うっかりしていて名無しのまま投稿した経験が何度もある」です。
そうか、うっかり名前を記入せずにという場合もあるのだなと。

ただ、どうやらえっけんさんは私とは違い、うっかり名無しで投稿して「しまった」と思っても「今のは私です」と追記のコメントは残さない事もあるようですね。と言っても、このえっけんさんの記事自体が一年も前の物ですので、今もその限りではないのかもしれませんが。(ご自分のこの記事のコメントでは追記されていました。→「むだづかいにっき♂:こんなblogはやっぱりつまらない」
私はえっけんさんのように「別に改めて名乗るほどのものでもないや」となれない性格なので、コメントを残した後は必ず書いた物に目を通し、誤字脱字があれば直します。場所によっては編集が出来ない事もありますので、訂正で追記のコメントをする事もあります。自分でも神経質だなと思いますが、気になって仕方ないのですね。

とは言え、えっけんさんのようにそれほど気にしないというスタンスであれば、名無し書き込みに対して要らぬ怒りを感じなくてもいいのかもしれません。それを知れた事は私にとっても有意義でした。
それでも私にとっては名前は大切です。私は名前の付け方を見て相手の方に好感を持ったりしますので。

それにしても、この記事を書きながらえっけんさんのブログを遡って過去から読んでいるのですが、過去の記事を取り上げて何かを書く事は無謀な事かもしれないと思いました。
こちらの記事(「むだづかいにっき♂:ニュースblogがつまらない」)のご本人さんの追記を読むと、考え方が変わってきていると書かれているからです。
それでもせっかく此処まで書いたのですから、ネタは無駄にしたくないのでこのまま書かせてください。

次に、えっけんさんがこちらの記事(「むだづかいにっき♂:誤字を指摘するか、しないか」)で書いていらっしゃるように誤字脱字は指摘して欲しいというのは私も同意見です。
それにしても本当に「いちいちそんなことで突っ込まないで」と他の方は思っているのでしょうか。
とは言え、えっけんさんもそのように思っているような気がするという記述をされているので、「突っ込むな」という声を実際に見たのかどうかは分かりませんが。
私は、恐らく「突っ込んで欲しい」という方が多いのではないかと思っています。私もよく何人かの方には「その漢字は違うようですよ」と声をかけるのですが「突っ込むな」とは言われた事はないですね。そうは言っても、心の中までは分からないので不快に思われてしまってるかもしれませんが。

という事で、えっけんさんのこちらの記事(「むだづかいにっき♂:ブログ王を知っていますか?」)の誤字を指摘いたします。

「よくあるBLOGのアクセスランキング総合サイトなんですけど、サービスが始めって間もないせいか、まだマイナーな存在のようです。」

上記の文章に誤字がありましたよ。私も細かい人間ですね。
コメント
この記事へのコメント
誤字脱字その他
えっけんさんのブログを真面目に読もうとするとTBの話ばっかなので(^_^;)だんだん目的別になってきたりして(笑)

さいきんはななしについてはもうちょっと厳しい処置だったような気がしますが、そんなときもあったんですね。

私もメノウさんと同じで「名前ぐらいつけろよ」派です。で、それがとても有用な書き込みであって、それに返事をつけたくても(えっけんさんもたしかそんなことを書いていたような気がしますが)つけてしまったら実は高度な釣りだったりしたことがあります。私も実は体験者です。
なので、もう「ななし」もしくは「捨てハン」には、一見有用そうに見えても反応しないようにしています。大抵はその後「ごめん●●でした~」って追記が入ってますし(笑)

えっけんさんも、特にスタッフブログを見るようになってからは、考えが変わったと思いますよん。

で、誤字脱字ですが、これは私の立ち位置からすると絶対やっちゃいけないものなんですけど、結構やってます!しかもひとんちでコメントして誤変換のまま直せないからいいやとかって放置しちゃったり。
実は昨日の記事にも誤字があるんですが、わかんなくなっちゃって直さずにいます。明日ヒマだったら直します。
ホリエモンの「だいかぶぬし」レベルじゃなかったら、私は気にしないかな。誤変換ですからね。機械がすることだから。
2005/04/25(月) 00:59:04 | URL | ぶんだば #XyRt/Vrw[ 編集]
途中なのです
えっけんさんのブログはまだ途中なのです。
ですから、恐らく色々と考えも変化していってるのではないかと思っています。
取り合えずの感想として書いておきました。

誤字脱字は、他人のものも自分のものも私は気になる人間なのですよ。
気にしなければいいのですが、気付いてしまったら気になってしまって、それでつい「そこ違いますよ」と言いたくなるのです。
これが親しくしていない方なら黙ってスルーをするのですが、親しい相手だと私は指摘してしまうのですね。

矢張り気にしない人間になりたいと思います。
2005/04/25(月) 01:40:48 | URL | 縞瑪瑙 #XWELPq6Y[ 編集]
要は指摘の仕方だと思います
誤字脱字、その他知識的に間違っていることに対し、鬼の首取ったように「ばかじゃねーの」と書いて来る人がいます。
これではブログ主ばかりか、その読者も不快になるのは当然で、指摘者は恐らくそういう気持ちにさせるのが目的だったと取らざるを得ません。
「ばかじゃねーの」というアンタは誤変換さえしたことがないのか、と。
読者に、誤字脱字・誤変換を放って置かれるよりも、指摘してもらった方が、その後に読む人に対して恥をかかないためにも、有難い事だとおもいますが、言い方一つで印象が変わりますからね。

「突っ込むな」の指摘、数年前に「空気嫁よバーカ」という言葉で置き換えられているのを見たことがあります。
当時、BBSはブログのコメント欄と異なり、明らかに馴れ合い広場だったものが多かったので、ローカルルールの一つとして「誤字脱字の指摘はメールでお願いします」と言うものを採用している人もいましたね。(僕の周りの話ですが)
2005/04/25(月) 08:42:12 | URL | えっけん #SFo5/nok[ 編集]
思い出しました
指摘の仕方で思い出しましたよ。
自分のサイトのリンク集に相手のリンクを貼った上で、相手の誤字脱字を取り上げて「その道に詳しいくせに間違えているよ、信じられないよね」といった事を紹介欄に書いていたのを見た事があります。
サイトのリンク集というものは日記などの文中リンクとは違い気に入っているからリンクするものだと思ったのですが、どうしてその人は相手にメールなり掲示板なりで教えてあげなかったのだろうと不思議に思ったものでした。

私はほとんどメールでの指摘ですね。相手のメアドが公開されていればほぼ間違いなくメールで誤字脱字などは報告します。
今回のえっけんさんの誤字脱字に関しては、このような形にさせて頂きました。もし、ご不快に感じられたのなら謝罪致します。

空気読めという言葉は私はよく投げ付けられましたよ。
私は本当にその場所の空気が掴めない人間なので、以前は誰にでも話し掛けていたのですが、最近ではすっかり話し掛ける事が出来なくなりました。
それもあって、現在は「この人は」という方にしか話し掛けませんが。
2005/04/25(月) 10:34:44 | URL | 縞瑪瑙 #XWELPq6Y[ 編集]
自分が誤字脱字をしたら
それと意識せずに誤字脱字をしたら、そおっと教えてもらいたいですね。
そういえば、リンク張られてたか確認していませんでしたが、「あんたその道のプロなのにこんなに間違ってるじゃん」な指摘をされたことがあります。誤字脱字じゃなくて日本語の使い方でしたが。
そして今また、「名あり」に「ブログが評判が悪い」だの「性格が悪い」だの、と糾弾されている私であった。
ツッコミやすいのか?しかも「あなたのためを思って」つき。知り合いでもないコメントをかわした訳でもないのに別に思ってくださらなくて結構ですっ!
メノウさんみたいに、お会いした事もないのに、一生懸命私を心配してくださる方もいるってのにさ。

ところで「空気嫁」って言っている人って空気が読めないと思うんですが…。
だってその「空気嫁」のコメント自体で空気を乱していませんか?
2005/04/25(月) 13:53:08 | URL | ぶんだば #XyRt/Vrw[ 編集]
指摘の仕方
えっけんさんが言われているような、鬼の首を取ったような指摘の仕方をされる方は、それは単に指摘した相手が気に食わないからなのだと思います。
相手が好きであれば、指摘の仕方も気を遣いますからね。

私はお逢いした事がなくても、好きな人は心配で仕方ない性分なのです。
反対に嫌いな方には徹底的に冷たいのです。
今は無関心で居られるようになりましたが、昔は徹底的に相手を攻撃した事もあります。
ですが、そういう攻撃は己にも何時か必ず返ってくるものです。
私はそのせいで多くの物を失いました。
もう二度と今の大切な物を失いたくないと思っています。

空気を読めと言う方が空気が読めていない、ですか。確かにそうですね。
本当に空気を読めと思っているのなら、無視して何も言わない事だと思います。
それでも分からないから「空気を読め」と言うのでしょうが、そういう所謂お子様な方は相手にしないが良いと思うのですがね。
2005/04/25(月) 15:29:52 | URL | 縞瑪瑙 #XWELPq6Y[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。