Photo: 「無敵の心身」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
優しい人間になりたい
やまめさんとの話で「優しさ」について考えていた所、とある日記に書かれてあった言葉に「なるほど」と思いました。

その方の考える優しさとは、相手に気付かせない優しさであるということです。(参照;「ドジョウの先っちょ/今回はオチなし2005年05月06日(金)」

この方は、それは「日本に昔から伝わる気遣いのようなものに近いと思います」と書かれていました。
それを踏まえて私は我が身を振り返ってみました。
私も、私が好きだと思っている方に対しては、あからさまに「あなたを心配していますよ」とか「私はあなたの味方ですよ」と臆面も無く言います。
人によっては、そういうあからさまな言動というものは胡散臭く見えてしまうものですが、私が好きになる方々は皆さん純粋な方達らしいので、私を「優しい人だ」と言って下さるのですね。

しかし、もしかしたら私のこの気持ちを重圧に思われている方もいるかもしれません。そして、私の気持ちに報いる事をしなくてはと思ってしまうかもしれませんね。
ですが、私のこの気持ちに何か返さなくてはと思われてしまったら、私も心苦しいと思います。
以前、私を心配して下さった方が、ご自分の病のせいで私が苦しんでいる時に声をかけて上げられなかったと謝って来られた事がありました。その方は、私から身に余る好意を受けていたのだと思っていたようで、私にも声をかけなければならないと思い込まれていたようなのです。
ですが、私は冷たく「無理に声をかけられても心苦しい」と言ってしまったのです。私としては、私の事よりも自分の事を優先して欲しいという気持ちから出た言葉だったのですが、その方は酷く傷ついてしまわれました。

互いに互いを大切に思うあまりに起きた擦れ違いだったのかなと今は思っております。
ですから、相手にそうと知られないようにさり気なく手を差し伸べるのが本当に優しいということなのでしょう。

私はそんな優しい人間になりたいと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。