Photo: 「無敵の心身」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
辛さの共有
私の友人の息子さんはベランダで火を付けていたそうです。
それを見つけたのが私の友人だったのですが、彼女は問い詰めたそうです。「どうしてこんなことをするの」と。
彼女は分かっていたのですよ。息子が苛めに遭っており、恐らくその鬱憤晴らしにしてしまった事なのだと。
しかし、彼女は問い詰めてしまった。
何故なら、彼女は本人の口からその事を聞きたかったからなのです。
辛い事を押し込めてしまう事は危険であると彼女は思っていました。
自分もまた押し込めていた為に、とんでもない爆発のさせ方をしてしまった経験があったので、辛い事を「辛いのだ」と誰かに訴える事が出来なければと思っていたのですね。
ましてや、火を付けての鬱憤晴らしは、罷り間違うと大惨事になる場合もある。
自分の家だけが燃えるならまだしも、他人の家まで燃えてしまったら大変ですから。
「これこれこうだからと言ってくれさえすればいいのに」と彼女は言っていたのですが、息子さんは随分と長い間何も言わずにいたそうです。
それでもやっと「ストレスが溜まってやってしまった…」とボソッと言ったので、彼女は彼を抱き締めてやったそうです。

「S嬢のPC日記:受容と共感」を読み、友人の話を思い出したのですが、彼女は何時も息子さんに対してどう接していいか分からないと言います。
辛い事が「辛いのだ」と言えない人間の気持ちを彼女はよく分かっていて、他人の話をよく聞いてあげ、限りなく優しく抱き締めて相手を癒す事が出来るのに、如何して我が子にはそれが出来ないのか、彼女は悩んでいたのですね。悩む事はないのにと私は思いました。

「受けとめてくれる人間の存在を感じるとき、人は、自ら、そのつらさに向かい合って、解決という扉を見つけ開いていく強さを持つことができる」

S嬢さんが言われたこの言葉のように、彼女はちゃんと息子さんの辛さを受け止めていると私は思っています。そして、それを息子さんは肌で感じているはずです。
抱き締める事が大切であると分かっていてもそれが出来ない人もいるのです。
それが出来るのですから、もっと自信を持って息子さんに接して欲しいと思いますよ。
そして、S嬢さん、全ての記事を読ませて頂きました。
矢張り、私はあなたが大好きになりましたね。
此れからもどうぞ宜しくお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。