Photo: 「無敵の心身」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
現実逃避
ある日記を読んだら、その人は癒しという言葉が大嫌いであると書いていました。

その日記はM女史の日記なのですが。

以前仲良くしていた友達が、それと同じことを言っていたなあと思い出し、けっこう「癒し」という言葉が嫌いな人がいるのだなあと思いましたね。

私はどうなんだろうと考えてみました。

私の場合も恐らく「癒し」を求めてはいないのだろうなと思いました。少なくとも今は。
でも、癒しが欲しいときもあります。
それは心も身体もボロボロになった時、そんな時に何も考えず、何もせず、じっとしたままで癒されたいですね。

今の私はM女史と同じで、所謂詰まった状態。焦った状態。そんなところでしょうね。
そういう時に現実逃避が始まるわけです。
やらなくてはいけないこと、つらいこと、そんなことから逃れたい───M女史は「一瞬でも」ということを書かれていましたが、できればずっと忘れていたいと思う私は、本当に自分で自分が許せないと思います。

いえ、そうじゃない。

許せないのなら、何らかの行動を起こしていると思うので、この場合は明らかにそんな自分を許して甘やかしているのでしょう。
現実逃避として、とりあえず今この記事を書いていることもまさに現実逃避とも言えるのですから。

M女史は一瞬忘れるために酒と買い物に走ると言っています。
私は間違いなく「書くこと」で忘れようとしています。もっとも、今日はどうも書く行為さえも止まっていますが。
あまり動いているとは言えない思考も、本日はさらに拍車をかけて凍り付いているようです。
今日は世間は静かですね。皆さん、噂の映画を見に行っているのでしょうか。

何だか今日の私は愛に飢えているようなそんな心持がしています。

……ここは笑うところですよ。面白くも何ともないですね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。