Photo: 「無敵の心身」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「ありのまま認める」が分らない
「ありのままを認める」という事、「ありのまま認めてその先を見つめる」という事、私にはそれがどういうものかが分りません。
私の友人も私と同じでそれが分らないと言います。
彼女は小説を書き、それを投稿し続けているのですが、それが認められる事がありませんでした。
その度に全てを否定された気持ちになり、彼女はどうすれば選んでもらえるのか、どうすれば他人の関心をかう物が書けるのか、そういう事ばかりを考えるようになっていったのです。
ですが、他人にはそういう思いは一切見せることなく、自分は自分である、ありのままの自分で挑戦すればいい、認めてくれない者など知らない、これを認められぬ者の目が節穴なのだと強気な態度を見せていました。内心でぼろぼろになったプライドに嫌悪感を抱きつつ。
私はそんな彼女の内心を知る数少ない者なのですが、彼女が己自身を認められぬ気持ちはよく分るので、あえて「そのままでいい」とか「ありのままでいい」とか耳に心地よい言葉はかけぬようにしてきました。彼女には甘い言葉は毒となる事を知っていたからです。
彼女が他人に優しい言葉をかけられ、癒されるのをずっと見続けてきましたが、その度に彼女はどんどん弱くなっていくのを私は感じていました。何れは彼女の周りから人々は立ち去るだろうという、彼女に傷付けられた者の彼女への捨て台詞が実現する日が来てしまうのではと。
「ありのままでいればいい」と言うのは簡単です。
ですが思うのです。「ありのままでいる」為にはそれだけの強い心がないとありのままではいられないのではないかと。



どうしても認めることができない。それはどういうことなのか。では一体どうすればいいのか。どうすれば認められるのか。口では「認める」と言う事は出来る。言うだけならば簡単に誰でもが言える。だが、自分は本当に認めているのか、その自信がどうしても得られない。どうしてなのだ? 何故なのだ? 何故認められぬ? 他人じゃない、自分だ、自分が認めないのだ。だから果てしなく落ち込んでしまい、命までも粗末にしようとする。愚かだ。本当に馬鹿だ。泣きたくなるほどに大馬鹿者で、私は抱き締めたくなる。

彼もそんな気持ちになったのかな。そんな気がする。



繰り返す過ち、繰り返される繰言、そんなものを見せられるのを嫌がる者達の心無い言葉の数々に心傷付けられる君。
繰り返してしまうということは、ありのままを認め受け入れた者のする事ではないと私は思っているし、彼女もまたそう思っているのです。
彼女の知り合いが、またサイトを消し去ろうとしていました。今までにも何度かそういう事はあったようですが、今度は消すのではなく休止にしたようです。その方もまた繰り返す人であり、どんなに彼女が才能を褒めても一時の凌ぎにしか過ぎず、己の才能を疑ってしまうようなのです。
ただ、才能があるから己に自信があるという人は誰一人としていないのですね。葛藤しつつ、一歩一歩歩いていくしかないのですね。

願わくは「ありのままでいる」という言葉に縛られずに、私の友人もそのまた友人も心穏やかに自分の好きな事を続けてくれればいいなあと思います。そうですね、それは、私にも言えることなのですがね。

以上「S嬢のPC日記:「ありのまま」と「その先」」「明けぬ夜の夢 書き続けるということ」の二つの記事を読んで、私の思った事を綴ってみました。感想にもなっておりません。申し訳ございません。
コメント
この記事へのコメント
はじめまして
私は、この文章を大変興味深く読ませていただきました。
自分というものを見つめるということは、時に辛い作業だと思います。認めたくない「自分」というのもあります。
そして「自分」というものの全てが分かる、ということはないのではないか、と思います。
ただ、「自分」というものを見つめていく過程で得られるものが何かあるのではないか。
そういう思いで私は文章を書いています。

また、どういう言葉であれ、悩み、葛藤している人に、声をかけること。それは大変、難しいことだと感じています。
ただ黙って見つめること。私にできることは、それしかない、と思うことが、しばしばあります。

言葉というものは難しい。言葉を恐れるあまり、何も言えなくなってしまうこともあります。それを乗り越える勇気を持ちたいと思います。
2005/10/09(日) 18:22:04 | URL | ののか #dS5vVngc[ 編集]
ののかさん、書き込み有難う御座います。

私は、あなたの書かれる物を読んで、あなたの直向きさを感じ、とても好感を持ちました。
一生懸命に自分を見つめるその姿勢が、私の大切な人に似ているなあと思ったのです。
私の大切な人も直向きに生きています。
直向きに生き過ぎて時折り壊れてしまう事があるのですが、何とか死ぬ事だけは思い留まってくれているようです。

私も彼女になかなか声が掛けられません。
声を掛けたが最後、彼女は二度と私の手の届かぬ場所に行ってしまいそうで怖いのです。
私も黙って見詰める事しか出来ずに、何時も歯痒い思いをしております。

何時か、彼女に昔のように気軽に声を掛ける事が出来る日が来るのを願っていますが、その為の勇気が私も欲しいと心から思っていますね。
2005/10/09(日) 23:52:16 | URL | 縞瑪瑙 #XWELPq6Y[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。