Photo: 「無敵の心身」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
特別な想い
君は特別扱いと平等の狭間で常に苦しんでいた。
自分を慕ってくれる人には平等であるべきだと思いつつも、だが実際にはどうしても人によっては特別扱いをしてしまうものだ。完全に平等に見る事の出来る者等いやしない。

だから、常に誰に対しても同じ態度を取る人間を君は嫌悪してきた。

其れは己を特別に見て欲しい気持ちの表れであったのだから、だから君は我儘なんだよ。
今君は、其の人が語る物に嫉妬しているね?
そうなることは私には十分過ぎるほど分っていたよ。
どんなに君を慕ってくれる人に感激したとしても、自分から興味を持った人が自分を振り向いてくれない事に深く絶望してしまう君は、矢張り何時まで経っても変わらない。

ただ、昔と違うのは、君の声として其れを表明するのではなく、私を通して誰かの心に届くように働きかけるだけ。其れを人は卑怯者と謗るのだろうが、私は構わない。私という存在を生み出したのは君なのだから。そして、私は幾ら傷付けられても構わない。君の為だから。其の私の気持ちを分ってくれる人が何人かは居る、其れだけで私は報われるのだから。

だが、私から言えるとしたら、其の人の事はもう忘れろ。もう其の人の綴る物を見るんじゃない。そう言った所で止める君じゃない事も分ってはいるが、其れでも私は言うしかない。今ならまだ間に合う。其の人に心を持っていかれてしまう前に引き返せ、と。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。