Photo: 「無敵の心身」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
閉鎖空間だが閉鎖は有り得ない
「他人の不幸は蜜の味 ブログを始めた方へ(アクセスとコメントの事)」という記事を読みました。
これは、私が記事で取り上げたゆがんだはしごさんのブログに寄せられたトラックバックで見つけた記事なのですが、書かれている事に興味を持ったので感じた事を書いてみます。

私も他人のブログにコメントを残す事は今はほとんどありません。以前は積極的ではなかったとはいえ、幾つかのブログには定期的にコメントを書き込みに行っていました。その内の一つは閉鎖されたぶんだばさんという方のブログが定期的にコメントを書き込む場所でしたし、他にも何人か掲示板やブログに書き込みに行っていました。ですが、今は精神的に書き込みが出来ない状態なのであります。其れは、私が書き込んだ事で相手を傷付けてしまった事があったので、今は及び腰になっているといった感じでしょうか。
恐らく、此れからも何処かに書き込みをする事もないかと思います。

私はアクセスを上げるつもりもないし、たまたま検索で此処に辿り着いて下さった方が気に入って下さり、それで読み続けてくれたらいいと今は思っています。勿論、コメントは書き込みたければ書き込んで頂いて構いませんし、書き込みたくないのならそれでもいいと思っています。トラックバックに関しても同じです。
私がトラックバックを送らないのは、あまり多くの方に来てもらわなくてもいいと思っているから送らないだけであります。初期の頃は、ぶんだばさんには送っていましたが、彼女がいなくなってしまったので、送ってまで誰かに読んでもらわなくてもいいかなあと今は思っています。

ですから、私の場合は相手にコメントを書き込まない事がブログを続けて行くコツになっていますね。勿論、これは私だけのコツなのですが。

LSTYさんの仰る通り「ブログにおける「つながり」は、自分から作る物」とか「アクセス数・コメント数はブログを続ける「気持ち」に強く影響する」と言うのも最もな事だとは思いつつも、私はそういう自分から作る繋がりは沢山だと今は思っていますし、以前、愛・蔵太さんに私のブログをリンクして頂いた時などはかなりのアクセス数があり、暫く落ち着くまで記事上げを自粛した事もありましたね。

私は何も目新しく面白い記事を書いているわけではありません。ウラン関係では無知な自分を披露してしまって少々へこんでしまったものでしたが、結局は私の本質は馬鹿なのですから気にせず間違った事だったとしても自分なりに正直な気持ちを書いていこうと今は思っています。
そして、そこで「間違っている」と指摘してもらえれば、それについては考えも改めますし、どうしても受け入れられない意見だったとしたらきちんと私は「こう思うので」と書いていこうかなと思っております。

という事で、私のブログはLSTYさんの言葉を借りるなら「読者をじっと待ち続けている閉鎖率の高いブログ」という事になりますが、見せて見せましょう、私のブログは閉鎖はない、と。私のこの場所は、閉鎖空間ではありますが、閉鎖は有り得ません。そういう信念の元続けている場所ですから。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。