Photo: 「無敵の心身」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
そして今日は
私にとって特別な日。
どうしても本日中にこれは書きたかった。
そういうわけでとりあえず投稿しておく。
そしてゆっくり思い出に浸ろう。(笑)


君と過ごしたあの一日は、私にとっては大切な大切な想い出だ。
何故こんなにも君の事を大切に思えるようになったのか、それは本当に不思議で、そして、こんな相手に巡り合えたことは私という存在もまだまだ捨てたものでもないのかなと思わせる。

私はそれほど悪い人間でもないのかな、と。

二人きりで濃密な時を過ごしたね。
君は本当に素敵な人だった。
そして、私より大人で、私は一目で恋をしたんだ。
君がどんなに私の好みの人だったか、君には伝え切れなかった。
だから彼が「大切な人に届けて欲しい」と言っていた例の物を君に届けたんだよ。

大好きだ。

一番大切な人だ。

君に逢えてよかった。

君という存在に巡り合えて本当によかった。

ありがとう、私と出逢ってくれて。
ありがとう、私を受け入れてくれて。

本当にありがとう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。