Photo: 「無敵の心身」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
幸福とは
私の書いた「忘却」でも取り上げた原田宗典の「スメル男」について、もう少し書いてみようと思います。

この作家の本は初めて読みました。私はこの作家の事を全く知らなかったのです。今回、私の憧れの人が読んでいると知り、読んでみたわけですが、これがなかなか面白かったのですよ。
文体は私の好みではなかったのですが、それでも昔私が夢中になって読んだ作家達が書いていた、子供向けの小説に似たような雰囲気だなあと思いましたね。これはただの憶測なのですが、恐らくこの作家もそれらの作家の本を若い頃に読んできたのではないかと思います。

今ではこの小説はSFとは言わないのでしょうか。私が子供の頃は間違いなくSF小説と言われていただろうと思いますが。何となくノスタルジックな感じを受けた小説でした。書かれている時代背景は勿論今の時代で、パソコンを操る天才的な少年達も出てきます。ですが、今の時代に無いような科学的な機械などが出てくるというわけではないのですね。それでも、昔読んだジュブナイルSF小説を彷彿とさせ、軽いデジャヴを感じた私です。

あとがきで解説者も書いていましたが、私も共感を覚えた言葉があります。

「幸福というものは当事者の胸の中にだけ実を結ぶ小さな果実だ。その果実の形だけをはたから観察して美味いとか不味いとか言うのは、ひどく的外れなことではないか」

これは作品中で主人公の放った言葉です。
よく考えてみれば、この言葉は何も珍しい発見というわけでもなく、誰でもが知っている筈の事です。ただこの作家はその言葉を生かす為に、実に効果的な描き方をしていました。

一つの訴えたい言葉があり、それをどうやって読み手に伝えるか。

それを私たち書き手は常に考えています。
確かにその言葉が書き手の思う通りに伝わる事が一番理想的ではあるのですが、そうではなく、違った物が伝わってもいい。それが読み手の心に何かしらの影響を及ぼすという事が、言葉に力があるという事だと思うのです。

この本の存在をこの作家の存在を教えてくれた私の憧れの人は、日頃から御自分が表現する物に対して、どの様な反応があっても構わないと言っています。たとえ、自分とは違う解釈をされようが構わない、と。
私は、他人が綴る物に対して、よく勘違いや思い込みをしてしまうのですが、そんな私を肯定して下さっているような気持ちになり、益々、此の方を尊敬し、好きだと思うのです。

此の方を好きになって本当に良かったと私は思っております。


そして、私の友人が、以前こんな事を言っていました。

「実は、他人の幸福のかたちが美しく整っていると、そっちのほうがちゃんとした幸福なんじゃないだろうかって思ってしまうことがたびたびあるんです。味を知らないのにねえ。こういうのって隣の芝生っていうのかなあ。自分のもってる幸福をちゃんと理解してないって、情けないなあって思うんですけれどねえ。」と。

私も頭では分っていても、やはり他人の幸福の方が自分の幸福よりも素晴らしいよなあと思います。それが無い物ねだりであり、たとえ自分がそれと同じ幸福を手にしたとしても本当に幸福であると感じるかどうか、恐らく違うだろうと分っていてもね。それでも羨ましく思ってしまうものです。

自分の幸福をきちんと幸福であると感じる事は、なかなか出来ない事だと思います。勿論出来ればそれに越したことはないのでしょうが、大抵の人間は私と同じで幸福だと感じられないのだと思いますね。

「私は私だ、あの人になりたいとは思わない」
「私以上の幸せ者はいない」

私はそう言っている人を信じていません。それが嘘であるとは言わないですが、当人も信じたいとそう思って言っているにすぎないと、そう思っています。

だから、友人が御自分のことを「情けない」と言っていましたが、私は情ないとは言いません。正直者で愛すべき者だと思っています。
自分の幸福を理解していないと思っているということは、少なくとも自分は「理解していないのだ」と自分の事を分っているから、まだマシではないかと思います。

愚かで人間らしくて私は好きですね。
コメント
この記事へのコメント
好みに合うかどうかは分かりませんが
原田宗典さんは
「平成トム・ソーヤ」もオススメですよ。
読んだのはもう10年以上前なので、どんな話だったかさっぱり覚えていませんが。
2006/11/30(木) 21:13:55 | URL | えっけん #fYFfjCTQ[ 編集]
Amazonで大まかな粗筋を見てきました。
「スメル男」と似たようなタイプの小説みたいですね。
手に入れて読んでみたいと思います。
2006/12/02(土) 08:24:39 | URL | 縞瑪瑙 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。