Photo: 「無敵の心身」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
天文学者になりたかった
熱い想いが届けばいいと思う。
貴方に届けばいいと思う。

ただ貴方を見詰め続けている。
あの夜空で星のように輝いている貴方をこうやって見詰めている。
晴れた日の青空でも輝いている星のように。

幼い頃、天文学者になりたかった。
其れは私だけの星を手に入れたかったから。
たった一つの私だけの輝きを手にしたかったから。

今でも天文学者になりたい。
貴方という星を観察する天文学者に。
遠い空で輝いている貴方と地上で見詰める私を繋ぐ見えない絆が切れる事のないよう強く強く祈りながら。

私は貴方の言葉を翼にして何時か羽ばたいていく。
翼を欲しいと思った幼き頃の私のもとに戻る為に。
泣いている私を抱き締める為に。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。