Photo: 「無敵の心身」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
あの頃、世界は悲しいほど優しかった
子供の頃、鬱蒼と生い茂る木々の間を縫って歩き続けた事があります。何処まで続くのだろうとわくわくしながら歩き続けた事が。一人で歩いた事もあるし、友人と歩いた事もあります。其の友人は当時の私のとても大好きな人で、当然、相手も私を好きでいてくれると思っていました。ですが、其の人は私の事を嫌っていたそうです。後に知った事ですが。どうやら、私を怖がっていて、私の誘いを断りきれなかったようなのですね。そして、私は相手が私の誘いに応じてくれるので、好いてくれているのだろうと勘違いをしていたわけです。


私は君と二人きりで林を歩くのが好きだった。其れなのに君は苦痛と恐怖の時間でしかなかったわけだ。私は如何したって罪人でしかない。そんな昔から、愛しい人を苦しめる存在でしかなかったのだ。


私という存在を愛しいと思ってくれる人がいなかったわけではないのです。ですが、私はとても我が儘な子供でしたので、私を慕ってくれる人には興味が無かったのです。何時でも私は私が好ましく思う相手だけにしか興味が持てなかった。ですから、こんな私でも好いてくれ告白してくれた人もいましたが、相手が私の好きな人でないという其れだけの理由で全ての人を振ってきたものでした。


もし、私という存在がこの世に無かったらどうだったろう。愛しいあの子は平穏な子供時代を送ったのだろうか。私という存在で恐怖を感じずにすんだろうか。親はどうだったろう。今思うと、私程、我が儘な子供はいなかったのではないか。それでも親は私を愛してくれた。今でも不甲斐無い私を愛してくれている。だが、私などいなければもっと心平穏に生きれたのではないか。私は兎角心配をかけ過ぎるから。

ああ、其れなのに。

あの頃、私を囲む世界はとても優しかった。こんな私に世界も人も優しくて、其れが今の私にはひどく悲しく感じられる。人や世界の心の痛みが時空を超えて私の心に訴えかけてきているみたいだ。私という存在で痛みや悲しみを感じていた全ての存在が、私の目の前に其れを突きつけてくるようで。私は茫然と立ち尽くすしかない。


と、いうようなことを、もちもちおねいまんさんの書いた「もちがやります’ - もちのいない人生」を読んで思い出しました。子供の頃の私と今の私は違います。あの頃、私は自分が必要とする相手の事しか興味が無かったのですが、今の私は大切な人達のおかげで、私を必要としてくれる人にも興味を抱くようになりました。誰かが「あなたが必要なんだ」と言ってくれれば、今の私は其の方を心から精一杯愛します。

映画「スタンド・バイ・ミー」の少年たちが、線路を何処までも歩いていくシーンがとても好きです。私も歩いたものでした。真っ直ぐ線路を歩いていけば、きっと望む場所に辿り着けると信じて。子供の私は希望で胸を膨らませて歩き続けたものでした。そして、今でも私は、心の線路を歩き続けています。夢に近づく為に。何時か其処に辿り着く事を夢見て、私は歩き続けているのです。其処には優しさを悲しいと思う事も無いでしょう。きっとそうだと信じています。
コメント
この記事へのコメント
メノウさんこの文章を書いてくれてありがとう。
今日出先で読んでしまって涙がとまりませんでした。どうでもいいように書いたわたしの文章に乗って確かにメノウさんに届きました。(たぶんほかのひとにも。)どうして自分で確認できかねる心が見えてしまうのか不思議に思うほどです。
いつも、困ったとき何にも言わないで助けてくれるのはなぜか女の人でした。この記事を書いてわたしに教えてくれたメノウさんは、去年の同じ時期にもわたしを助けてくれましたね。どうもありがとう。
2007/09/22(土) 23:40:09 | URL | もちもちおねいまん #-[ 編集]
もちもちおねいまんさん、今晩は。

私もあなたのように誰かの言葉で涙が止まらなくなる事が何度もありました。ですから、私も私の書いた物で誰かが救われてくれるのを望んでもいます。ですが、自分の書いた物のどれが他人を救うかは全く予想がつきません。
今回も、救おうとしてこのエントリを書いたわけではなく、あなたの書いた物で何故か子供の頃のシーンを思い出し、如何しても其れを書きたいと思ったのです。
もし、何かの意思が其処にあるとしたら、私はあなたを救うべくして救ったという事になるかもしれませんね。

もちもちおねいまんさんは、私を、そして私の大切な友人をも毎日救っているのですよ。あなたの書かれるエントリは何時も私達を救って下さっています。あなたのその感性を私達はとても深く、心から愛しているのです。私こそ、あなたに「有難う」を言いたいです。本当に有難う御座います。
2007/09/23(日) 21:34:00 | URL | 縞瑪瑙 #-[ 編集]
うれしい。
直接的に誰かに何かを具体的に申して励ますということが、苦手なのです。ほんとうは、かっこよく励ましたり理路整然と意見をいってみたい。けれどもそうしたくでもなかなか何かがじゃましてしまって、できない。毎日更新はわたしから誰かへの精一杯の誠意のつもりです。
わたしもメノウさんはじめみなさんが生きていることを知るのがうれしいです。知らせてくれることが生きることのはげみになります。
メノウさん、わたしは最近になって幼い当時嫌いだった女の子のことばかり浮かびます。わたしにわがままをぶつけて、笑いたい放題笑って泣いて自慢してわがままだった彼女のことを思い出すたびに、なぜか今は愛おしくてたまらないのです。
たぶんあの時、彼女はわたしを好きだった。わたしは何十年も経って、やっと彼女を好きになっています。
2007/09/23(日) 23:37:02 | URL | もちもちおねいまん #-[ 編集]
もちもちおねいまんさん、更に私を泣かせる気ですね。(笑

あなたが「やっと彼女を好きになっています」と言って下さる事で、私も当時、私を嫌っていた相手がもっと大きくなった今、この空の下の何処かで似たような気持ちになってくれているような気がしてきました。そうであればどんなに良いでしょう。
ですが、信じましょう。きっと、あの人がそう思ってくれていると。

今宵は夢に尊敬する大好きな方が出てきそうですよ。
2007/09/24(月) 00:32:17 | URL | 縞瑪瑙 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。