Photo: 「無敵の心身」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
はてなスターは疑心暗鬼を生じさせる
わかむらさんの「行動に意義を与える事はコミュニケーションに必要な重要な要素だと思うのですが。 (奥様、鼻毛が出ておりますことよ)」というエントリを読みました。

私もはてなではブックマークを使っておりますので、人様の書いたコメントにはてなスターを付ける事があります。「はてなスターでは基本的に他人を褒めることしかできません」という事は知らなかったのですが、そういった意味付けがなくとも、私はごく自然に「これは良い」と思ったものに付けるものなのだと思って星を付けていました。ですが、考えてみれば、そういった肯定的な意味で付ける人ばかりではないのだなあということは想像に難くない事でしたね。ただ、私としてはそういった使い方をされる方に対しては、あまり良い印象は持てません。もっとも、だからといって否定的な意味で使う事を否定するつもりはありません。好きに使われるが良いでしょう。私はそういった使い方はしないというだけですから。

わかむらさんの仰る通り、個人個人がどのような意味付けを持たせてはてなスターを使っているのかは本人にしかわからないので、本人にしか意味のないはてなスターではあるのですが、私のように「肯定的にしか使わない」とか、或いは誰かが「否定的な意味でしか使わない」と宣言しない限り、どういった使われ方をしているかは付けられた誰かにはわからないわけです。だとしたら、そういった意味のわからないはてなスターを付けられた者が私であった場合、私は全てを肯定的に捉えようと思います。たとえ、其の方が「死ねばいいのに」という意味で付けたとしても、其れを相手が表明しない限り、私は「褒められたのだな」と思う事に致します。

疑心暗鬼はしたくないです。ですが、はてなスターはどうしても其の性質上、疑心暗鬼を生じさせるでしょう。ですから、はてなスターを嫌悪する人々が出てきてしまうのは仕方ないのでしょうね。私も嫌悪するまでは至りませんが、疑り深い人間ですので、時にはネガティヴに捉えてしまう傾向はあります。其のネガティヴさは私の心を疲れさせます。そんな思いはもうしたくありません。なので、私は全てのはてなスターを肯定的に捉えます。其れが私の今の気持ちですね。
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
あのエントリはさすがにちょっと極端な話だとは自分でも思っています。
ほとんどの利用者は肯定的な意味を持ってスターを付けているでしょうし、受け取る側もそうだと感じているだろうなと思います。
だからこそ、多くの人たちはポジティブな評価という事を疑わないで無邪気に付けたり、付けられたりしているのだと思います。
ただ、そこで「賛同の意味とは限らない」なんて事を言い出したら、そこにあった信頼関係を壊してしまう訳で、実際の使われ方はともかく「それをいっちゃぁおしめぇだろー」と思うのです。
私も詳しくは見てないのでわからないのですが、どうもあるエントリかコメントにつけたスターが賛同の意味だと、ちょっと困るみたいな状況っぽくて、賛同した訳じゃないと言っているようなのですが、それって私からみると、目先の自己正当化の為に大きな信頼を壊すような行為なんじゃないかなと思ったのですよ。
極端に言うと、俺を疑え、って言っている事になるのだけれど、それでよくコミュニケーションツールとして成り立つもんだと感心した訳です。
そんな事言い出さなければ、スター=ポジティブな評価というのは共通認識としてあって、色んな人が「私の使い方はポジティブな評価ですよ」という、私としても当然だと思っていた事を、わざわざ宣言しなくて済んだはずなのにという感想です。
私ははてなスターを毛嫌いしているし、それを宣言しているので、私のエントリや発言にスターがついた場合、余計に判断が難しかったりするという変な立場だったりするから、考えが極端になってしまうのかもしれません(笑)

あぁ、初コメントがこんなへ理屈でごめんなさい。
2008/01/18(金) 14:29:33 | URL | わかむら #-[ 編集]
わかむらさん、お早う御座います。

はてなスターが賛同以外にも使われる事もあるようだという事は、誰が言わなくても何れは誰かが言い出した筈です。そして、私は、其れで良いと思っているのです。その様な否定的な意味でも使われる事も出来るのだという事は事実ですからね。其れを隠す事でもないでしょう。多くの人にも知ってもらえるということもあり「この様な使われ方もあるようだ」と知らしめる事は悪い事ではないと私は思っております。
どのような意味で其の方が使われたとしても、わかる方には賛同で付けたのか否定で付けたのかは何となくでもわかるものでしょうから、言ってしまえば別にこれこれこの様に使っていると宣言しなくてもよいのだと思いますし。

「俺を疑え」という事については、私自身も実はその様なスタンスであるので、私も確かにコミュニケーション能力は余りあるとは言えないわけです。
ただ、そういった事で壊れてしまう信頼関係は私には必要ありません。
確かに努力して信頼関係を結ぶ事も大事なのでしょうが、私は努力しなくても繋がっていられる関係を求めているので、星一つで繋がったり壊れたりする事は正直馬鹿馬鹿しいと思っているのです。その様な脆い関係など此方から願い下げですから。

其れから、わかむらさんがはてなスターを毛嫌いしていても、他の方々は毛嫌いしているわけではないので、星を付けられる立場の人があなたのエントリや発言に付けたとしても判断しなくても良いのではないでしょうか。もしかしたら、はてなスターを毛嫌いしているわかむらさんであるので、嫌がらせのつもりで付けているとあなたは思われるのかもしれませんが、失礼ながら其れは考え過ぎというものでしょうね。よしんばそうであっても、気にしない事です。もっとも、あのようなエントリを書いてしまうあなたでもあるので、気にするなと言ってもなかなか気にしない事も出来ないのでしょうが。出来るだけ気にしないがいいと思いますよ。
2008/01/19(土) 08:32:06 | URL | 縞瑪瑙 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。