Photo: 「無敵の心身」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
評価しなくてもいい、あなたが見てくれるのなら
屁爆弾さんが書かれていた「「見てほしい」と「評価してほしい」は別物 - 血止め式」を読んだのですが、ブログにおける「話術」というものを確かに私も私なりの「話術」で書いているつもりです。


私の知り合いが「ブログなどで何かを書くということ自体がすでに誰かに読んでもらいたいからであり、その誇示の仕方が過剰であっても控えめであっても同じ事なのではないか」と言っていたのですが、その方は誇示の仕方では読む気が失せたり読む気になったりとはしない方なのですね。自分が読みたいと思うものがどんな表現をされていても気にしないという人らしいのです。内容が一番重要であるという考えのようなのです。それもあり、その方はご自分が興味あることを書く場合に、読者のことなど全く考えずに好きなように書いているようです。それもあって、その方が書かれたエントリは一部の方には不快に思われたり、もっと読者を考えて書けば良いのにと言われたりしているようです。


私も知り合いに近い書き方をしているつもりです。なので、恐らく多くの方に読まれないのも其れが原因ではないかとは思っているのですが、私は多くの方に読まれたいと思っているわけではないのでこのような書き方でも構わないでしょう。ただ、私も人並みに「この方には読んで貰いたい」と思う事もあり、時折り、読まれたいと思う方の好みの書き方をしたいという誘惑に駆られたりする事もあります。なので、その方が反応して下さるような書き方をしてみたりするのですが、其れは何時も失敗に終わってしまうようです。仕方ありませんよね。私のような文章センスの無い人間には趣向を凝らすことなど無理なことなのですから。ですから、自分の書きやすいように書きたいことを書けば良いのでしょう。私がブログを続けていく為には其れしか方法は無いと思われます。


其れから、屁爆弾さんのエントリの最後にはてなスターの話題が書かれているのですが、私の友人も同じような事を言っていましたね。はてなスターはどんな使われ方をしてもいいのですが、私や友人の場合は必ず「どうしてもこれにはつけたい」という気持ちでスターをつけるようにしています。ですが、なかには「読みましたよ」という表明だけですべてのブックマークやエントリにつける方もいて、私の友人は「それは困る」と愚痴を言っていました。私などからすれば、ほとんどはてなスターをつけられることがないので、困ると言うのも贅沢な悩みだよなあと思ってしまうのですが、ご本人にとっては好意でつけられている分、やめてくれと言うのも言い難いことであり、なかなか対処に苦慮しての発言だったのでしょう。コメント欄で自分のエントリについたブックマーク全てにはてなスターをつけられる方の話がありましたが、そういった場合、ある程度、相手の方のはてなスターの扱い方を知っていれば、ここぞという時だけにブックマークをつければ避けられる事でもあります。人によってはどんなスターでも欲しいと思う方もいるでしょうから、そういった全てにスターをつける方がいても良いのではないかというのが私の考えです。
とは言え、確かに屁爆弾さんがコメントで「そう誰もが言えることじゃない」と評されているように、私も「困る」と、きちんと相手に言う事の出来る態度は良い事だなあと思いました。私も見習わねばと思ったものです。


其れにしても屁爆弾さんのエントリの最初に出てきた佐藤春夫という方なのですが、詩人である事は知りませんでしたけれど、どこかで聞いた名前だと思って、ごそごそと子供の頃のノートを取り出してみたのです。すると、一編の詩が下手糞な字で書き写されているのを見つけました。このノートは私が丁度中学生の頃の多感な時期に目にした好みの詩や言葉などを書き写したもので、書き写された佐藤春夫の其の詩は「水辺月夜の歌」という詩でした。此処ではその内容は載せませんが、その内容と解釈が書かれているものが検索で見つかりました。

「水辺月夜の歌 佐藤春夫 - Yahoo!知恵袋」

中学生当時の私がこの詩をきちんと解釈したかどうかは覚えていませんが、確かに当時の私は誰かに恋していた筈なので、この詩が私の幼い心にも響いたのでしょう。其の頃の私を優しく抱きしめてあげたい気持ちになりました。

君は卑しい人間なんかじゃないよ。
どんなに自他とも認める卑しい人間であったとしても。
少なくとも今の私よりは絶対に卑しい人間なんかじゃない。

そんなふうに大人になった私があの頃の自分に言って抱きしめたとしたら、あの頃の私はどうするでしょうね。もう当時の私の気持ちは想像も出来ませんが。其れだけ、私も大人になったということなのでしょう。喜んで良いのか、悲しんで良いのか…複雑な気持ちでもあります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。