Photo: 「無敵の心身」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
心のこもったブックマークを
へじほぐさんのこちらのエントリ「ブックマークする心理 - 北の大地から送る物欲日記」を再読したのですが、「有名ブログは読みに来ているブックマーカーの数が多く、無名ブログは少ない」と書かれてあり、ブックマークの多さ・少なさに思いを馳せてみました。

私のブログは勿論有名ではないので読みに来て下さる方もそれ程多くはないので確かにブックマークは少ないです。ですが、時折り多くの方々が読みに来て下る事もあり、そんな時は必ずといっていいほど有名ブログの方がご自分のエントリ内でリンクをして下さったり、或いはブックマークをして下さったからアクセスが伸びるというだけに過ぎません。

ですから、多くのブックマーカーが読みに来て下さってもブックマークは増えませんし、多くが読みに来て下さるからといって有名ブログであるというものでもないでしょう。矢張り、定期的に多くの方が読みに来て下さるようにならないと、私のブログも有名ブログとはならないのでしょうね。もっとも、私は有名になれるほどのものを書いてはおりませんので、これからも此処が有名となることはないのですが。

へじほぐさんが書かれたエントリに、私は「書かれている内容でブックマークをします。其れ以外は交流の無いブログへのコメントの為にブックマークしています」とブックマークコメントを書いたのですが、それは今でも変わっていません。ですが、内容でブックマークするといっても、私は読んでいるブログがそれ程多くはないので、どうしても特定の方の書かれるブログに集中してブックマークをつけてしまう傾向があります。ですから、如何しても其の人が書いているからブックマークしていると思われてしまう事でしょう。其れは仕方ない事ですよね。其の方が書かれるものが好きで読んでいるわけですから。

私も人並みに、自分のエントリをブックマークされるのはとても嬉しいです。ブックマークされる事がほとんどないからとも言えます。ただ、へじほぐさんのエントリにコメントをしている方々の中に「誰が書いたかはあまり気にしない」というコメントがあるのを見て、もし、私のエントリにつくブックマークもそんな感じでつけられていたとしたら、少々寂しく思います。ですが、恐らく私のエントリにつくブックマークはそうではないでしょう。今まで頂いてきたブックマークをずっと見てきて、そう感じているので。私は自分のその感じ方を信じたい。

これからもそんな心のこもったブックマークを頂戴していきたいと思っております。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。