Photo: 「無敵の心身」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
泡沫の集い
昔のように私に対して読ませるエントリというものを探す時間や精神的ゆとりがない昨今なので、先程ブックマークさせていただいたエントリは久々に私の心を鷲掴みしたエントリでありました。

其処に書かれている事が事実であろうと、筆者の創作であろうと、それはまったく構わないのだと思います。要は其処に書かれた物で、他の誰でもなく私自身が救われたかどうか、其れだけが今も昔も私にとっては大事な事だったのです。今までに私に対して「あなたはいい人だ」と言って下さった方々を蔑にするつもりはないですし、私の本質をきっちりと見抜き、私を罵倒して詰って去って行った方々を擁護することも責めることも私は良しとはしません。

「あなた」にとっての「私」がどうであるか、其れを決めるのは「あなた自身」であり、そこには私の気持ちなど必要ないのですよ。

そして、「私」にとっての「私」がどうであるか、其れを決めるのも「私自身」なのです。そんな「私自身」は「私」をいい人だとこれっぼっちも思っていません。その事は誰にも否定はさせない。ですが、私は「あなた」の私に対する「いい人」も否定するつもりはない。そうはいっても、形式上は「あなたはいい人です」と言われれば「そんなことはないですよ」と返すしかないのですが。

私はいったい何の話をしているのでしょうね。昔のことですよ。まだウェブでのコミュニケーションが楽しくてしかたなくてこのままずっとこの楽しさが続けば良いのにと思っていた遠い昔の事です。あの頃、私の傍に集った人々のほとんどはもういないのですけれどね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。