Photo: 「無敵の心身」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
私も面白い物は書けません
少々古いエントリであるのですが、今はどうされているかなあというわかむらさんのお名前をお見かけしたので、何となくではあるのですが、エントリを書いてみようかと思いました。其れは「Webではなく、佐々木一朗太さんやlstyさんや陳居士さんや鼻毛の奥さんが面白いのだ、面白いことを書くブログの管理人が面白いのだ。 面白いことを書く書き手がいるから、ブログは読んでて楽しいのだ。」という事を書かれているエントリです。

そうですね。本当にそうだと思います。わかむらさんは本当に面白いエントリを書いて下さっていました。以前、消えてしまった彼女のエントリを惜しんで、エントリはなくなってしまったのですが、彼女のエントリから引用したブックマークを私のエントリ内に転載した事がありました。其れが「わかむらさんの愛すべき過去ログ達よ」です。私には彼女のような物は書けないと思っていたし、過去に私が読みたいと思っては読み続けていた方々の書き物は全て私には書けない内容のものでした。其れなのに如何して私は、わかむらさんをはじめとする其の方々の書いた物が読みたいと思ったのでしょうか。其れは今でもよくわかりません。何故か読みたいと思ってしまった。どこが私の心を惹きつけるのか…本当に今でもよくわかりません。なので、私の大切な友人が「どうすれば読んでほしいと思う人に読まれるのかな」と私に愚痴を言ってきても、的確なアドバイスが出来ないのですね。そういえば、友人が言っていた事ですが、たこぽんさんには「ごめんなさい」と言われた事があるらしいです。友人は自分の書いた物はこの人にとっては面白くないものなのだとひどく落胆したようですね。私は、私のこのブログの書いた物は、友人と同じく読まれたいと思う方に読まれたい場所ではあるのですが、友人よりは其れほど強く読まれたいと思って書いている訳ではありません。基本的に書けない事を書く場所として存在しているので、誰かに読んでもらう事が重要ではなかったからです。ただ、長く書いていけば、其れなりに読者はついてくれるもので、そうなれば多少は「読まれたい」という気持ちも出てくる。だから、書きたい事を淡々と書き、そして、興味を持って下さった方が時々読みに来て下されば、其れでいいと思っています。

今でも、わかむらさんが、或いは、昔交流のあった方々が此処を覗いて下さる事があるか如何かはわかりません。そして、今でも皆さんが何処かで書いていらっしゃるのかもわかりません。書いているとしたら、出来れば読みたいと思いますが、書いていなくても書いていても、日々を元気に暮らしていればいいなあと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。