Photo: 「無敵の心身」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
わたしができること
これからご紹介するのは、私の大切な友人が去年の夏に書いたものです。どうしても、ある方に読んで貰いたいと思ったようで、此処に転載してくれと頼まれたので転載させて頂きます。

──此処から引用

2014-07-12

書けない。ほんと書けない。今日ももうこんな時間。寝なくちゃ。集中して小説書く時間がほんとに取れない。やっぱね、「書くから」と言うのも最近では言えないし、強く書きたいとも思ってないから、今の状況に甘んじてしまってるわけで。それに、言い訳になるけど、今年は年明けから母の病気、春に息子の危機と続けざまに良くないことが続いて、まさかまだこれで終わりってわけじゃないと思ってたら…義兄の使い込みの尻拭いをすることに。もういい加減にしてよと言いたいくらいに精神的にキれそうな感じ。もちろん、表面上は出してないよ。こういうとこにぶつけてるだけだけよ。これくらいのグチは許されてもいいよね。ほんとマジ、これ以上、何も起きないでほしい。頼むから。今年はわたしらの銀婚式だっつーのに、旦那の行きたがってた旅行もおじゃんになるし、いまだに息子の勤め先は決まってないし。おまけに義兄になけなしのお金をむしり取られて…少しづつでも返すって言ってるけど、まったく信じてない、わたしは。三番目の義弟は150万の借金をわたしらに背負わせ、結局すべては返してくれなかった。4番目の義弟の似たような金額の借金はさすがに請け負えなかったから、なんとかしろって突っぱねたけど、さすがに義兄までの10万くらいの借金は何とかできる金額だったから立て替えたけど、そもそもないから使い込んだわけだから、それが返ってくるなんて思えないよ。振り込むからっつーんで口座番号は教えたけど。だいだいさ、姑だって家賃の督促45万をわたしらに払わせて結局返ってこなかったし。旦那以外の旦那の家族はどうなってんだ…まあ、これが普通の家なんだろうな。大なり小なりどこの家もこんなもんなんだろう。まだうちはマシなんだろうな。でも、なんかもう小説なんか書いてる場合じゃなくて、逃避で小説以外のことしてたい。いつまた書き出せるんだろうか。本当に今年は投稿できるんだろうか。というか、ほんとに書かずに終わらせるってことわたしにできるんだろうか。無理してでも無理やりでもツマンナイもの書いて早々に出すことになるんだろうか。ダメだ…もう寝ないと。なんか頭痛い。薬飲もうかな。そのままずっと眠り続けたい。

──引用終わり

件のお金はいまだに一円も振り込まれていないそうです。あの頃の彼女は見ていて可哀想なくらいに辛そうでした。ですが、今はそれなりに元気になったようです。仲良くしている友達の頑張ってる姿で元気を貰い、それなりに小説も書いているようですしね。

明けない夜は無い。
上がらぬ雨は無い。
明日はきっと良い日だ。
そう信じて一歩一歩生きていこう。

大切な人達の為に生きる。
彼女に出来る事はきっと其れだけなのでしょうね。
そして、其れは私も同じ。
そう思います。
泣顔
私達の関係はどうだろう。
というか、悪い関係とはどのような関係なのだろう。
絆がイコール鎖になる、それのどこが悪いのか、私にはわからない。
絆は鎖だろ。
鎖が全て悪いわけじゃない。
呪いの全てが悪いわけじゃない。
良い鎖だってあるはずだ。
良い呪いだってあるはずだ。
……それは無いか。(笑
いいさ。
私は其れほど俗悪で最低の人間なのさ。
こんな事を考えるくらいに。

愛しきあなたの泣顔を私は見たい。
心からそう思うよ。

私は最低最悪な人間。
私もあなたも
「人をdisる人が醜悪な件 - 人生夢オチ」というエントリを読みました。

エントリ内で取り上げられていた方のTwitterを見に行ってみたのですが、取り上げられていた文章は消されてしまったようですね。それでも、誰かがこうやって取り上げて引用してしまっていると、何時までも御自分が発した言葉というものは残ってしまいます。ブックマークでも別の意味で使われている言葉ですが、本当に「恐ろしい」ことです。消してしまったという事は反省しているということなのでしょうか。本意はわかりませんが、何故、御自分が書いた言葉を消されたのか、純粋に知ってみたい、其の方の心の内を。とはいえ、面と向かって聞いてみても答えはないのでしょう、恐らく。或いは、答えて貰ったとしても、本当に本心を語ってくれるという確証はありません。

私も人の死についてエントリを書く事もあり、他人の事は言えない立場です。件の方のように罵倒というものはしてはいないという気持ちはありますが、たとえ罵倒とはいえない文章だとしても、私の書く物で誰も傷つかないという事はあり得ません。今までにも何人も私の書いた物で傷ついた方がいる事実がありますから、私もまた件の方と同じような事をしてきた歴史があるのです。黒歴史というものが。ただ、私は出来る限り削除はしないようにしているつもりです。相手に削除してくれと言われたり、これは相手にとって残していてはまずいなと思うものは削除してきましたが、これも勿論、此処で書き出してからと言っておきます。其れ以前の書き物は現実世界に悪影響を及ぼすかもしれないと判断して削除した事もありましたね、御存じの方もおられると思いますが。

私も醜悪な人間です。其れは恐らく私だけではない。多かれ少なかれ全ての者がそうだと思うのです。そうは思いませんか?
voice
其の人に手紙を送る事はもう無いと思っていた。
だが、我が友のおかげで図らずも手紙を書く事になり、ああ、これもまた運命なのだなと思ったよ。

友よ、其の人は我等の「想い」を受け取ってくれるだろうか。
誰が何と言おうとも其の人の活躍をこれからも見守っていきたい。
有難う
「いいこと聞いた|やんぬるかな」を読んで思った事。

私はすぐに感動してしまう人間だが、矢張り時間は早く過ぎていくと感じている。だがしかし、感動しても感動しなくても時が早く過ぎるのなら、感動した方が良い。感動することは精神的にも良い影響を及ぼすのではないか、と。



ところで、今年もすでに二ヶ月が過ぎてしまった。この二ヶ月の間に感動することが多く、良いスタートとなったなと思っているよ。今回の題名はリンク先の相手に対しての言葉。書くきっかけとなったことの御礼。

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。